日々の暮らしの中で、心に残った小さな出来事やその日の私の思いを記憶に残したい・・・


by tmsay-612
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

涼をもとめて

今日の東京は、蒸し暑い一日でした。
都心のマンション住まいにとって、これからは辛い季節です。コンクリートに囲まれた造り、部屋の向きによって、風の通り道がない間取り・・・
「暑いから、ドライを入れよう!」と言う夫に、「もう少し、自然の風を楽しみましょうよ~!」と言って、あちこちの部屋の窓を開け放ちましたが・・・生暖かい風がほんの少し通り抜けました。

a0072737_17362642.jpg
少しでも涼しさを感じたいと、今日のお昼は「冷たい稲庭うどん」にしました。そら豆・とうもろこし・茹で豚・千切りきゅうり・春にんじん・・季節の野菜をそれぞれ好きなたれでいただきました。

湘南の私の実家は、典型的な日本家屋で、子供の時からほとんどクーラーを入れた生活をすることはありませんでした。どこの部屋にいても、スーっと海からの気持ちの良い風が通り抜けていました。きっと、今ほどの暑さではなかったのでしょうが、どうも、クーラーの生活は苦手です。
6月の声を聞くと、母があちこちの部屋の設えを夏模様に変えていたのを思い出します。床の間を夏の掛け軸に、籐椅子のクッションや和室の座布団カバーをレースや涼しそうな藍染に、花を生ける花器も焼き物からガラスのものに・・・
南や西側の窓には、陽射しをさえぎる「葦すだれ」を吊るしてしました。

a0072737_18102947.jpg和室のないマンションでの暮らしの中で、季節を感じることはとても難しいのですが、幼いころから、母が日々の生活の中で教えてくれていた 「季節を感じる暮らしの工夫」 を少し思い出しました。

玄関マットを竹製に変えて・・・涼やかなお花でも飾って・・・・今日はそんなことを思いました。
[PR]
by tmsay-612 | 2007-05-27 18:18 | クッキング