日々の暮らしの中で、心に残った小さな出来事やその日の私の思いを記憶に残したい・・・


by tmsay-612
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

父の命日

今日、父が亡くなってから15年が経ちました。

a0072737_001033.jpg

父は、15年前の春のはじめに、「胃がん」の再発が分かり、手術をすることも出来ずに余命半年とお医者様に言われて、築地のがんセンターを退院しました。それからその年の7月25日に亡くなるまで間、近所の掛かりつけの先生に、貧血の治療とペインコントロールを受けながら、母とふたりで湘南の実家で静かに静かに余生を過ごしました。

病院を退院してから亡くなるまでの4ヶ月の間、私は、週に1~2度、朝早くに、長男長女を小学校へ送り出すとすぐに、当時2歳だった二女を連れて、小田急線に乗って、両親の暮らす湘南の実家を訪ねました。
お昼前に実家に着くころ、父はいつも寝床から起きて玄関で私たちを迎えてくれました。そして、しばらく幼い二女とおしゃべりを楽しみ、ゆっくりと母の手料理のお昼ごはんをいただき・・・・午後は、母が二女と遊んでくれている間、私は父の身体をさすりながら取り留めのない話をして過ごしました。やがて、父がお昼寝を始めると、私は、眠たくなってぐずりだす二女を抱いて、家路に急ぐ・・亡くなる前の週まで、そんな日々が続きました。

生まれてから結婚するまでの二十何年もの「父の娘として暮らした日々」の思い出もたくさんあるのに、この最後の4ヶ月の間の、その中でもほんの何日間かの「父と過ごした濃密な時間」は、今でも、一番の思い出の日々で、ほんの些細なことまで心に残っています。
「命の限り」を知らされてからも、取り乱すことなく穏やかに落ち着いて日々を暮らしていた父の姿は、本当に不思議で尊く見えました。

大阪の田舎で育った父は、裁判官になる夢を持って法学部に進学しましたが、第二次世界大戦の開戦により、繰り上げ卒業を余儀なくされ、すぐに陸軍の軍人として終戦までの4年間激戦のビルマで過ごしました。
後世私たちに、「戦争の話」をすることはありませんでしたが、いつ死んでもいいような極限の状況の中で何年間も過ごし、たくさんの戦友の死を見取ったのに・・・なぜ自分だけが生きて戻れたのかは分からない・・・と話していました。
今思えば、戦争が終わり、無事に生還できた日々から亡くなるまでが、父にとってまさに「余生」だったのかもしれません。私の知っている父は、真摯で、穏やかで、ただひたすら日本の復興と高度成長を支え、そして私たち家族のために働き続ける日々でした。大学院に進学する夢も、裁判官になる夢も戦争によって絶たれましたが、戦後の平和の戻った時代に、自分は「生かされている」という思いを忘れずに過ごしていたような、そんな気がします。

父の葬儀のときに、はじめて何人かの父の戦友の方にお会いしました。
そのときにはじめて、父が、大卒で幹部候補生として入隊することも出来たのにそれを辞退て、一兵卒として入隊したことを教えてくださいました。極限の戦場でも、身分、立場、学歴に関係なく誰に対しても等しく「人」としての付き合いをしていた父の死を惜しみ 「素晴らしい方でしたね」と伝えてくださいました。
その後も、毎年父の命日には戦友の方々が、「 先に天国ではじめててくださいよ 」と父の好きだったお酒を送ってくださいました。その方々も皆さま、すでに亡くなり、今年は揃って天国で宴会を楽しんでいるかもしれないと思っています。

父が亡くなったころ私は、子どもたちを育てるのに夢中な時代で、暮らしに余裕がなく、思うような親孝行が出来なかったと今でも心残りです。でも先日、何かの折に、「 親に育ててもらったことへの感謝の気持ちは社会へお返しすればいい 」ということを聞いて・・・・なるほど・・・と思い・・・・すこし心が軽くなりました。

子どもたちも成長して、自分の時間を取り戻しつつある私は・・・そろそろ社会へのご恩返しの時です。
[PR]
by tmsay-612 | 2007-07-26 00:01 | 家族