日々の暮らしの中で、心に残った小さな出来事やその日の私の思いを記憶に残したい・・・


by tmsay-612
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

父の命日

今日、父が亡くなってから15年が経ちました。

a0072737_001033.jpg

父は、15年前の春のはじめに、「胃がん」の再発が分かり、手術をすることも出来ずに余命半年とお医者様に言われて、築地のがんセンターを退院しました。それからその年の7月25日に亡くなるまで間、近所の掛かりつけの先生に、貧血の治療とペインコントロールを受けながら、母とふたりで湘南の実家で静かに静かに余生を過ごしました。

病院を退院してから亡くなるまでの4ヶ月の間、私は、週に1~2度、朝早くに、長男長女を小学校へ送り出すとすぐに、当時2歳だった二女を連れて、小田急線に乗って、両親の暮らす湘南の実家を訪ねました。
お昼前に実家に着くころ、父はいつも寝床から起きて玄関で私たちを迎えてくれました。そして、しばらく幼い二女とおしゃべりを楽しみ、ゆっくりと母の手料理のお昼ごはんをいただき・・・・午後は、母が二女と遊んでくれている間、私は父の身体をさすりながら取り留めのない話をして過ごしました。やがて、父がお昼寝を始めると、私は、眠たくなってぐずりだす二女を抱いて、家路に急ぐ・・亡くなる前の週まで、そんな日々が続きました。

生まれてから結婚するまでの二十何年もの「父の娘として暮らした日々」の思い出もたくさんあるのに、この最後の4ヶ月の間の、その中でもほんの何日間かの「父と過ごした濃密な時間」は、今でも、一番の思い出の日々で、ほんの些細なことまで心に残っています。
「命の限り」を知らされてからも、取り乱すことなく穏やかに落ち着いて日々を暮らしていた父の姿は、本当に不思議で尊く見えました。

大阪の田舎で育った父は、裁判官になる夢を持って法学部に進学しましたが、第二次世界大戦の開戦により、繰り上げ卒業を余儀なくされ、すぐに陸軍の軍人として終戦までの4年間激戦のビルマで過ごしました。
後世私たちに、「戦争の話」をすることはありませんでしたが、いつ死んでもいいような極限の状況の中で何年間も過ごし、たくさんの戦友の死を見取ったのに・・・なぜ自分だけが生きて戻れたのかは分からない・・・と話していました。
今思えば、戦争が終わり、無事に生還できた日々から亡くなるまでが、父にとってまさに「余生」だったのかもしれません。私の知っている父は、真摯で、穏やかで、ただひたすら日本の復興と高度成長を支え、そして私たち家族のために働き続ける日々でした。大学院に進学する夢も、裁判官になる夢も戦争によって絶たれましたが、戦後の平和の戻った時代に、自分は「生かされている」という思いを忘れずに過ごしていたような、そんな気がします。

父の葬儀のときに、はじめて何人かの父の戦友の方にお会いしました。
そのときにはじめて、父が、大卒で幹部候補生として入隊することも出来たのにそれを辞退て、一兵卒として入隊したことを教えてくださいました。極限の戦場でも、身分、立場、学歴に関係なく誰に対しても等しく「人」としての付き合いをしていた父の死を惜しみ 「素晴らしい方でしたね」と伝えてくださいました。
その後も、毎年父の命日には戦友の方々が、「 先に天国ではじめててくださいよ 」と父の好きだったお酒を送ってくださいました。その方々も皆さま、すでに亡くなり、今年は揃って天国で宴会を楽しんでいるかもしれないと思っています。

父が亡くなったころ私は、子どもたちを育てるのに夢中な時代で、暮らしに余裕がなく、思うような親孝行が出来なかったと今でも心残りです。でも先日、何かの折に、「 親に育ててもらったことへの感謝の気持ちは社会へお返しすればいい 」ということを聞いて・・・・なるほど・・・と思い・・・・すこし心が軽くなりました。

子どもたちも成長して、自分の時間を取り戻しつつある私は・・・そろそろ社会へのご恩返しの時です。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-07-26 00:01 | 家族

読書

ブログを始めて、たくさんの出会いがあり、思いがけない楽しい経験をしましたが、いつも、気なっていることがありました。それは、PCの前に座ると時間が経つのを忘れてしまい、今までのように本を読む時間が少なくなったということ・・・・

子供の時から、読書が何よりの趣味だった父の影響で、いつも私も本を読んでいました。大学を卒業して就いた仕事も、いつも本を傍らに置いてする仕事でしたし、結婚して育児に忙しいときも、子どもたちと楽しい絵本を探しに、近くの図書館や本屋さんを歩くことは楽しみのひとつでした。
やがて、時間に余裕が出来てからも、ひとりでゆっくりと図書館や本屋さんを歩き、読みたい本をまとめて探してきて、それを自分の机の上に積んで、1冊ずつ読み進めることは、私の楽しい日常のひとこまでした。読み終わると、簡単な読書ノートに、読んだ感想をひとこと書き留めていました。

ブログを始めてから、いつのまにか私の机の真ん中にはPCが置かれて、少し時間が出来ると、PCを開いて・・・そしてついつい時間を忘れる、という暮らしになりました。

先月、お誕生日を迎えて・・・・自分の人生の2/3近くが過ぎ去ったことを実感したら、 「これからあとどのくらいの本が読めるのだろうか・・・・」 とふと思いました。そして、私が、女性として尊敬し憧れている従兄弟と、何年か前に食事をしたときに、 「 ドストエフスキーの『罪と罰』は一度は読んでみる小説だわ・・・」 といわれたことを思い出しました。
a0072737_20203230.jpg

学生時代に、必ずオススメの作品としてあがっていた一冊です。
高校時代、何度か読み始めてはいましたが、登場人物の名前の難しさになかなか読み勧めることが出来ず、いつも途中で止めていて、気になっていた本でした。

あのころから、数え切れないほどの月日が経って・・・先日から、再び読み始めています。
若いころに読み終え、人間の本性について考えて、自分の人生に何らかの影響を受けることも必要だったかもしれませが、この年齢になって読むこともきっと意味のあることと思います。

相変わらず、ロシア文学の登場人物の名前の難しさに四苦八苦していて、未だぐんぐん詠み進むところまではいきませんが・・・久しぶりに読書に浸っています。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-07-20 20:47 |

みょうが

湘南の実家の庭は、花作りの趣味だった母の手により、いつも四季折々の花が綺麗に咲いていました。学校から帰り「ただいま~」と門のところでいうと、お天気の良い日は、決まって庭の方から「おかえりなさ~い」という母の声がして、庭仕事をしながら迎えてくれました。

母はほとんど草花を中心に育てていましたが、ひとつだけ食べられるものといったら、「みょうが」でした。夏になるとよく「今晩は冷奴だから、お庭に行ってみょうがの子を一つ二つ取って来て・・・」と言われました。
「 みょうがは美味しくないのになあ・・・・・」 と思いながら、物置の前の半日陰のところに植えてあったみょうがを摘みに行ったのを思い出します。

みょうがが美味しいと思うようになったのは、いつごろからだったのでしょう。

先日、NHK「きょうの料理」を見ていて、そんなことを思い出して、みょうがを漬けてみました。
a0072737_2322364.jpg

a0072737_23225971.jpg

熱湯にさっとくぐらすと、薄茶色が淡い紅色に変わり・・・甘酢につけて5日目となった今日は、さらに綺麗な紅色に染まりました。味も馴染み、とても美味しくなりました。

薬味はもちろん、細かく刻んで温かなごはんに混ぜたり、炒め物にしたり・・・今日のように湿度の高い日には、甘酸っぱい香りが食欲をそそります。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-06-19 23:35 | クッキング

梅雨はどこへ・・・

a0072737_1094749.jpg
ベランダのバラが、3度目の開花です。3度目は咲かさないほうが、木のためには・・・と育て方の本に書いてありましたが、かわいい蕾を積んでしまうことは出来ませんでした。お花は小さくなりましたが、ステキな香りは、最初の時と同じくらい漂っています。朝、ベランダに面した寝室の窓を開けると、とてもいい香りが部屋に入ってきて・・・今日も一日頑張ろう~という気持ちになります。

昨年、同じマンションの方からいただいたアガバンサスも綺麗に咲き始めました。

a0072737_10133577.jpg
観音竹も大きくなりすぎて、植木鉢いっぱいになってしまいましたので、一回り大きい鉢に植え替えてあげました。その時に2つ、株分けをしましたが、ちょっと根を傷つけてしまったようで・・・その後あまり元気がありません。
観音竹は、「幸福を呼ぶ観葉植物」ということですので、どうぞ・・・枯れてしまいませんように・・・
朝夕、心配で眺めています・・・・

東京の梅雨はいったいどこへ行ってしまったのでしょうか。
雨も降らず、過ごしやすいの助かりますが、水不足が心配な今日この頃です。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-06-18 10:18 | 花々

新たな一年・・・

a0072737_1024208.jpg
最近、家事をしながら、久しぶりにリリースされて話題になったいる竹内まりやさんのアルバム「Denim」を聴いています。
デビュー当時から好きなアーティストのひとりとして、彼女の歌を聴いていた私は、同世代として、まりやさんの生き方はいつも気になっていました。主婦・母としての普通の暮らしを送りながら、話題の曲を作り続けているアーティストとしての姿を、いつも自然体に見せてくれていたことは、憧れでもあり、私自身への励みでもありました。

ひとりの女性としてもしっかりと生きてみたいと思って過ごした20代でしたが、いつの間にか「妻」となり「母」となると、いつも「○○さんの奥さん・○○ちゃんのママ」としてだけの自分がいました。「妻」としての暮らしは継続中でも、「母」としての暮らしが、日々とても軽くなり、再び自分探しをしている今の私にとって、このまりやさんのアルバムは、共感できる言葉がたくさんありました。特に「人生の扉」には、私と同じ「思い」がたくさん詰まっています・・・

人生の扉  詩竹内まりや
  
春が来るたび ひとつ年を重ね
目に映る景色も 少しずつ変わるよ
陽気にはしゃいでいた 幼い日は遠く
きがつけば五十路を 超えた私がいる
信じられない速さで 時は過ぎ去ると 知ってしまったら
どんな小さな事も 覚えていたいと 心が言ったよ

 I say it's fun to be 20
You say it's great be 30
and they say it's lovely to be 40
but feel it's nice to be 50

満開の桜や 色づく山の紅葉を
この先いったい何度 みることになるだろう
ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ
ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ

I say it's fine to be 60
You say it's alright to be 70
And they say still good to be 80
But I'll maybe I live over 90

君のデニムの青が 褪せてゆくほどに 味わい増すように
長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ

 I say it's sad to get weak
You say it's hard to get older
And they say that life has no meaning
But still believe it's worth living
But still believe it's worth living
             

a0072737_12225021.gif

今週、お誕生日を迎え、またひとつ年を重ねました・・・
                       
 a0072737_1342545.jpg
a0072737_1345252.jpg a0072737_1351929.jpg
a0072737_1354327.jpg

私のお誕生日の当日、公休をとってくれた♀1子ちゃんは、朝からクッキングスクールに行ってケーキを習って来て、そしてその日の夕食も準備してくれました。激務のナースとして、心と身体を休めるのに使う大切なお休みの一日を、私のために過ごしてくれた彼女の気持ちは、とても嬉しいことでした。
受験生の♀2子ちゃん、時間がなくて、ママへのプレゼント何も準備できないな・・・と気にしていましたが、遅くまでやっているお花屋さんを見つけて、かわいい花束と、JRの駅構内のケーキ屋さんで、私の大好きなアップルパイを買ってプレゼントしてくれました。
連休に北九州の職場に戻って以来、音沙汰のない♂1くん、何を思ったのか・・・長い長い手紙をくれて、楽しくやっている日常を報告してくれました。今時メールも電話もあるのに・・・手紙好きの私のことを思って、細々と活字を綴ってくれたのかしら・・・何度も読み返すことの出来る手紙もなかなかいいものです。
夫は・・・いつものように何もありません・・・気持ちは充分分かっているつもりですが・・・ふたり暮らしになったら、もう少し言葉でお互いの思いを伝えあいましょう。

気がつくと、自分でも驚くような年齢になりましたが、「but feel it's nice to be 50」でありたい、と思っています。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-06-16 13:21 | 雑感
a0072737_1743422.jpg

東京国立博物館で、3月20日から開催されている 「レオナルド・ダ・ヴィンチー天才の実像」 にやっと行って来ました。特別公開されている『受胎告知』を見たいとずっと思っていましたが、すごい混雑が報道されていて、少し落ち着いてからと思っていましたら、来週で公開が終わりということで慌てて行きました。

a0072737_186650.jpg「おめでとう 恵まれた方。主があなたと共におられる。」  (新共同訳聖書 日本聖書協会) 
天使ガブリエルがマリアに告げた、あのルカによる福音第1章の有名な文言が心の中に何度も何度も浮かびました。厳かで美しい絵でした。20代前半でこの絵を完成させたダ・ヴィンチは本当に天才です。マリア様の表情は、少し驚いているような緊張をしているような・・・私が、他の絵などで親しんでいる、笑みをたたえているマリア様の柔らかな表情とは少し違っているかな・・・と思いました。

a0072737_18212239.jpg
今日の東京は湿度の高い暑い一日でしたが、国立博物館に向かう上野の森の木陰は気持ちの良い風が通り抜けていました。遠足の小学生たちや、のんびりと散歩をする老人、画集を片手に展覧会を巡る若者たち・・・全ての人々が、入梅前の大切な晴天楽しんでいる様子でした。

今日は、朝からの家事をサボって・・・ちょっとひとりで「貴重な時間」を過ごしました。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-06-08 18:59 | 雑感

沖縄産マンゴー

沖縄を旅行している♀1子ちゃんから、「沖縄産マンゴー」が届きました!
「マンゴーとパイナップル、絶対送ってね!!」という私と♀2子ちゃんのリクエストをしっかり覚えてくれていて・・・感激です!
「すご~く高かったんだから・・・・大切に食べてねっ!」
「お店で一番美味しいのを送ってくださいね」とアメリカ村の果物屋さんのおじさんに頼んくれて、クール宅急便で届きました。値段を聞いてびっくりでしたが・・・♀1子ちゃん、なかなか太っ腹です。
a0072737_18294543.jpg

パンフレットに載っていたように花盛用にカットしましたが、上手に均等なスクエアカットに切れずに、見た目ちょっと残念でしたが・・・・甘い香りも、瑞々しい味も・・・マンゴーってこんなに美味しい果物だったとは・・・・ホント感激しました~
a0072737_1941738.jpg

キッチンに飾っておくだけでもかわいいパイナップルも、あまい香りが漂い始めて、そろそろ食べごろです。
南の国の果物は、美味しいのはもちろんですが、なんだか栄養や、エネルギーもたっぷり詰まっていたような気がします。この1週間、同窓会の会合のお手伝いで忙しく、ちょっと疲れてぐったりしていた私は、マンゴーを食べてから、何だか元気になったような・・・
とっても高価な・・・美味しい・・・♀1子ちゃんからのお土産でした。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-06-06 19:15 | 美味しいもの

涼をもとめて

今日の東京は、蒸し暑い一日でした。
都心のマンション住まいにとって、これからは辛い季節です。コンクリートに囲まれた造り、部屋の向きによって、風の通り道がない間取り・・・
「暑いから、ドライを入れよう!」と言う夫に、「もう少し、自然の風を楽しみましょうよ~!」と言って、あちこちの部屋の窓を開け放ちましたが・・・生暖かい風がほんの少し通り抜けました。

a0072737_17362642.jpg
少しでも涼しさを感じたいと、今日のお昼は「冷たい稲庭うどん」にしました。そら豆・とうもろこし・茹で豚・千切りきゅうり・春にんじん・・季節の野菜をそれぞれ好きなたれでいただきました。

湘南の私の実家は、典型的な日本家屋で、子供の時からほとんどクーラーを入れた生活をすることはありませんでした。どこの部屋にいても、スーっと海からの気持ちの良い風が通り抜けていました。きっと、今ほどの暑さではなかったのでしょうが、どうも、クーラーの生活は苦手です。
6月の声を聞くと、母があちこちの部屋の設えを夏模様に変えていたのを思い出します。床の間を夏の掛け軸に、籐椅子のクッションや和室の座布団カバーをレースや涼しそうな藍染に、花を生ける花器も焼き物からガラスのものに・・・
南や西側の窓には、陽射しをさえぎる「葦すだれ」を吊るしてしました。

a0072737_18102947.jpg和室のないマンションでの暮らしの中で、季節を感じることはとても難しいのですが、幼いころから、母が日々の生活の中で教えてくれていた 「季節を感じる暮らしの工夫」 を少し思い出しました。

玄関マットを竹製に変えて・・・涼やかなお花でも飾って・・・・今日はそんなことを思いました。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-05-27 18:18 | クッキング

山陽へ

・・・・・旅行へ行っていて、その準備と片付けで・・・わあ~久しぶりの更新です!・・・・・

すぐ近くに住む義母は予てから、「日本三景」のうち、まだ行ったことのない「宮島」の厳島神社を見てみたい・・・と話していました。「そのうち・・・子供たちがもう少し手を離れたら、連れて行って差し上げますね。」と口約束はしていましたが・・・。私たちにとっての1年2年は忙しい日常の積み重ねの、あっという間の日々でも、年老いた義母にとっての1年は、先の分からないただ待つのが長い日々かもしれない・・・とふと気がつきました。
そこで・・・・この春に、思い切って、京都に住む義妹といっしょに、義母を「山陽へ案内する旅」の計画を立てました。

すっかり計画と準備が整った後に、思いがけない二女の骨折というハプニングがあり、少し後ろ髪を引かれる旅となりましたが、留守の間は、夫と長女に頼んで、なんとか出発しました。
a0072737_13561883.jpg
a0072737_13565729.jpg
a0072737_13573270.jpg

さすがに「世界遺産」、島全体が「神の宿る島」といわれているだけあって、厳かで神々しい雰囲気の厳島神社、部屋の窓から3人でただただ黙って見入った夕日・・・宮島はもみじの季節を連想させますが、新緑と神社の朱色の組み合わせもそれは美しい景色でした。

ゆっくりと「宮島」全体を観光した後、岩国まで足を伸ばし、「錦帯橋」へ・・・・。周りの景色とよくマッチした橋全体の美しさもさることながら、下から見上げた日本古来の「木組み」によって作られている橋構造にも感激しました。
a0072737_1358261.jpg

a0072737_1420195.jpg

ところで、美味しいものもたくさんいただきました!
       a0072737_1441302.jpg
a0072737_14415929.jpg

a0072737_14421965.jpg瀬戸内海の新鮮なお魚、今が旬のあなご、そして、初めて食べた「岩国寿司」・・・・現役の主婦三人にとって、美味しいものを作っていただいて、食べて・・・片付けもしないでいいなんて・・・・本当に幸せでした。
いつもは、夫の立ててくれる旅の計画に添って、ただ付いていけば良い気楽な旅ばかりですが・・・
初めてのマネージャー役で少し緊張しましたが・・・「義母と私たちお嫁さんとの3人旅」・・・楽しく過ごすことが出来てほっとしました。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-05-25 15:18 | 家族

ブラシの木

足の怪我が完治していないので、朝のラッシュを避けて少し遅刻をして学校へ行く♀2子ちゃんを、最寄の駅まで送ってからの帰り、ふだんはあまり通らない裏道を戻りました。
a0072737_1334125.jpg

午前中の光に照らされた葉っぱは、まさに「5月」という感じです。そういえば、気象予報士でエッセイストの倉嶋厚さんの「季節の366日・話題辞典」という本の中に 「5月は、午前10時の季節」 という解説があるのを思い出しました。

・・・・・12ヶ月を1日に例えれば、5月は午前10時の季節です。日は中天に近くて明るく、しか
    も長い午後が残されている。先に何かいいことがあるようで、たとえ悪いことが立ちは
    だかっても、それを突破できる活力に満ちています・・・・・(本より抜粋)

本当に、新緑から何か漲る力をもらえるような・・・そんな気持ちになりました。

a0072737_13481259.jpg
a0072737_13541866.jpg








   わあ~!珍しい・・・・庭に「ブラシの木」のお花の咲いている家を見つけました。満開です。ピッタリのネーミングに・・・ひっそりとした裏道で、思わず笑ってしまいました。急いで帰って、コップでもゴシゴシ洗いたくなりますね。

      a0072737_13574662.jpg
a0072737_1358913.jpg










近くの公園も、まだひっそりとしていました。
そして、あちこちの家の庭でもバラが満開です。今度は、こんな「一重の赤いバラ」を育てて見たいな、と思いました。

ふだんは、朝の片付けに追われているこの時間に朝の散歩が出来て・・・「怪我の功名」ということで・・・今日は♀2子ちゃんに感謝をしましょう。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-05-15 14:14 | 花々