日々の暮らしの中で、心に残った小さな出来事やその日の私の思いを記憶に残したい・・・


by tmsay-612
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:家族( 25 )

父の命日

今日、父が亡くなってから15年が経ちました。

a0072737_001033.jpg

父は、15年前の春のはじめに、「胃がん」の再発が分かり、手術をすることも出来ずに余命半年とお医者様に言われて、築地のがんセンターを退院しました。それからその年の7月25日に亡くなるまで間、近所の掛かりつけの先生に、貧血の治療とペインコントロールを受けながら、母とふたりで湘南の実家で静かに静かに余生を過ごしました。

病院を退院してから亡くなるまでの4ヶ月の間、私は、週に1~2度、朝早くに、長男長女を小学校へ送り出すとすぐに、当時2歳だった二女を連れて、小田急線に乗って、両親の暮らす湘南の実家を訪ねました。
お昼前に実家に着くころ、父はいつも寝床から起きて玄関で私たちを迎えてくれました。そして、しばらく幼い二女とおしゃべりを楽しみ、ゆっくりと母の手料理のお昼ごはんをいただき・・・・午後は、母が二女と遊んでくれている間、私は父の身体をさすりながら取り留めのない話をして過ごしました。やがて、父がお昼寝を始めると、私は、眠たくなってぐずりだす二女を抱いて、家路に急ぐ・・亡くなる前の週まで、そんな日々が続きました。

生まれてから結婚するまでの二十何年もの「父の娘として暮らした日々」の思い出もたくさんあるのに、この最後の4ヶ月の間の、その中でもほんの何日間かの「父と過ごした濃密な時間」は、今でも、一番の思い出の日々で、ほんの些細なことまで心に残っています。
「命の限り」を知らされてからも、取り乱すことなく穏やかに落ち着いて日々を暮らしていた父の姿は、本当に不思議で尊く見えました。

大阪の田舎で育った父は、裁判官になる夢を持って法学部に進学しましたが、第二次世界大戦の開戦により、繰り上げ卒業を余儀なくされ、すぐに陸軍の軍人として終戦までの4年間激戦のビルマで過ごしました。
後世私たちに、「戦争の話」をすることはありませんでしたが、いつ死んでもいいような極限の状況の中で何年間も過ごし、たくさんの戦友の死を見取ったのに・・・なぜ自分だけが生きて戻れたのかは分からない・・・と話していました。
今思えば、戦争が終わり、無事に生還できた日々から亡くなるまでが、父にとってまさに「余生」だったのかもしれません。私の知っている父は、真摯で、穏やかで、ただひたすら日本の復興と高度成長を支え、そして私たち家族のために働き続ける日々でした。大学院に進学する夢も、裁判官になる夢も戦争によって絶たれましたが、戦後の平和の戻った時代に、自分は「生かされている」という思いを忘れずに過ごしていたような、そんな気がします。

父の葬儀のときに、はじめて何人かの父の戦友の方にお会いしました。
そのときにはじめて、父が、大卒で幹部候補生として入隊することも出来たのにそれを辞退て、一兵卒として入隊したことを教えてくださいました。極限の戦場でも、身分、立場、学歴に関係なく誰に対しても等しく「人」としての付き合いをしていた父の死を惜しみ 「素晴らしい方でしたね」と伝えてくださいました。
その後も、毎年父の命日には戦友の方々が、「 先に天国ではじめててくださいよ 」と父の好きだったお酒を送ってくださいました。その方々も皆さま、すでに亡くなり、今年は揃って天国で宴会を楽しんでいるかもしれないと思っています。

父が亡くなったころ私は、子どもたちを育てるのに夢中な時代で、暮らしに余裕がなく、思うような親孝行が出来なかったと今でも心残りです。でも先日、何かの折に、「 親に育ててもらったことへの感謝の気持ちは社会へお返しすればいい 」ということを聞いて・・・・なるほど・・・と思い・・・・すこし心が軽くなりました。

子どもたちも成長して、自分の時間を取り戻しつつある私は・・・そろそろ社会へのご恩返しの時です。
[PR]
by tmsay-612 | 2007-07-26 00:01 | 家族

山陽へ

・・・・・旅行へ行っていて、その準備と片付けで・・・わあ~久しぶりの更新です!・・・・・

すぐ近くに住む義母は予てから、「日本三景」のうち、まだ行ったことのない「宮島」の厳島神社を見てみたい・・・と話していました。「そのうち・・・子供たちがもう少し手を離れたら、連れて行って差し上げますね。」と口約束はしていましたが・・・。私たちにとっての1年2年は忙しい日常の積み重ねの、あっという間の日々でも、年老いた義母にとっての1年は、先の分からないただ待つのが長い日々かもしれない・・・とふと気がつきました。
そこで・・・・この春に、思い切って、京都に住む義妹といっしょに、義母を「山陽へ案内する旅」の計画を立てました。

すっかり計画と準備が整った後に、思いがけない二女の骨折というハプニングがあり、少し後ろ髪を引かれる旅となりましたが、留守の間は、夫と長女に頼んで、なんとか出発しました。
a0072737_13561883.jpg
a0072737_13565729.jpg
a0072737_13573270.jpg

さすがに「世界遺産」、島全体が「神の宿る島」といわれているだけあって、厳かで神々しい雰囲気の厳島神社、部屋の窓から3人でただただ黙って見入った夕日・・・宮島はもみじの季節を連想させますが、新緑と神社の朱色の組み合わせもそれは美しい景色でした。

ゆっくりと「宮島」全体を観光した後、岩国まで足を伸ばし、「錦帯橋」へ・・・・。周りの景色とよくマッチした橋全体の美しさもさることながら、下から見上げた日本古来の「木組み」によって作られている橋構造にも感激しました。
a0072737_1358261.jpg

a0072737_1420195.jpg

ところで、美味しいものもたくさんいただきました!
       a0072737_1441302.jpg
a0072737_14415929.jpg

a0072737_14421965.jpg瀬戸内海の新鮮なお魚、今が旬のあなご、そして、初めて食べた「岩国寿司」・・・・現役の主婦三人にとって、美味しいものを作っていただいて、食べて・・・片付けもしないでいいなんて・・・・本当に幸せでした。
いつもは、夫の立ててくれる旅の計画に添って、ただ付いていけば良い気楽な旅ばかりですが・・・
初めてのマネージャー役で少し緊張しましたが・・・「義母と私たちお嫁さんとの3人旅」・・・楽しく過ごすことが出来てほっとしました。
[PR]
by tmsay-612 | 2007-05-25 15:18 | 家族

母の日

今日は、母の日。
すぐ近くに住む夫の母に、弟夫婦といっしょに「メール機能つき携帯電話」をプレゼントしました。ベランダで咲いたバラを一輪添えて・・・
a0072737_16231159.jpg
今までのように、頻繁な外出のままならなくなった義母にとって、パソコンでのメールは楽しみのひとつです。4年ほど前に覚えたパソコンでのメールを、NYに住む義妹や数少ないメールのできるお友達とやり取りしています。また、携帯電話も持っていましたが、お年寄り用の「らくらくホン」です。通話機能だけで、ちょっとつまらなそうでした。
「電車に乗ると、若い人はみんな、ぱかっと携帯を開けて何をしているの?」
「パソコンのメールと携帯のメール・・・どっちが難しいの?」
興味は尽きない様子でした。
そこで・・・今日から携帯電話でのメールを・・・挑戦です!

4年前に、いっしょにパソコンを練習した時に比べると、やはりひとつのことを覚えるのに相当な時間が掛かるようになっています。今年81歳になる義母にとって、毎日が「意欲」「記憶力」の維持との闘いなのでしょう。それでも、義母のように、新しいことに対する好奇心が失われていない限り、何度も何度も繰り返せば、時間がかかっても携帯簡単メールが、きっと出来るようになることでしょう。
今日は、電話帳の出し方を練習して・・・残念ながら文字を打つところまではいきませんでしたが、確実な一歩は踏み出しました!

しばらく練習したら、遠くに住む義弟夫婦や我が家の息子とも簡単にメールが出来て、楽しいこと広がりますよ~と、義母を励ましながらの 「義母とのレッスン」 がしばらく続きます。
[PR]
by tmsay-612 | 2007-05-13 17:09 | 家族

ベランダからのお花見

a0072737_14593324.jpg
毎年、近くの神田川沿いや新宿御苑に散歩がてらお花見に行っていますが、今年は息子を送り出す準備に追われて、ゆっくりと満開の桜を眺めるゆとりがなかったことに気が付きました。

今日も朝から、息子の残していたもろもろの物の整理や洗濯に追われています。ふと、ベランダから外を眺めると、お隣の聖母病院の桜がまさに満開、春爛漫の装いです。今夜から雨模様という予報ですから、きっと今日で、今年の桜も見納めになることでしょう。

a0072737_1551366.jpg息子を送り出して・・・まだまだ「息子のいない暮らし」に慣れない自分を感じています。この2年間は、研究とアルバイトで、ほとんど家にいないような日々でしたが、暮らしの中からすっかり息子のものがなくなってしまったことに、一抹の寂しさを感じます。
「着いたその日から、寮の先輩達の歓迎会だった!」「山が見えて・・・寮も広くて綺麗でとても住みやすそうだ」「今日は洗濯機を買いに行った」・・・
こまめにメールをくれて、すこしずつ、暮らしを整えていっている様子が分かり安心していますが・・・ごはんをきちんと食べているのだろうか、朝はちゃんと起きれるかしら・・・余計な心配が心を過ぎります。
覚悟と準備はしていたものの、「子離れ」の出来ていない情けない「母親」の自分に反省です。
曇り空の中、今日は朝からベランダでしばらくお花見をしました。
    『 この桜 はるか小倉で見る君の 晴れのスーツ姿を 思い浮かべて 』
今日は、息子の入社式です。
[PR]
by tmsay-612 | 2007-04-02 15:40 | 家族

門出

a0072737_13181753.jpg
今朝早くに、社会人としての暮らしのスタートする北九州市に向けて、息子が出発しました。今日夕方に、小倉の本社に集合して、これから暮らす単身者の寮に案内され、準備を整えた後、4月2日、入社式から、晴れて社会人としての新しい暮らしが始まります。

幼稚園から大学まで、ずっとこの都会の真ん中で暮らしてきて、学生時代の友人も、親類も、ひとりも知り合いの人のいない地方での新しい暮らしですが、特に不安気な様子もなく、とても楽しみに、出かけていきました。

ここしばらくの間、寮に送る引越しの準備、研究室の整理、大学院の卒業式、しばらく会えなくなる友人たち、クラブの後輩たちとの送別会など・・・毎日のスケジュールがいっぱいで、落ち着いて話をする暇もありませんでした。お互いに、「あれをした?」「これは終わったの?」という連絡事項を確認することで精一杯で、慌しく今日を迎えました。
新生活のお祝いに、お赤飯でも炊いてお祝いしてあげましょうと思っていましたが、ついに家族でゆっくり夕食を囲む時間もなく、過ぎていきました。

「また、時間が出来たら帰ってくるよ~」と、まるで今まで大学へ通っていた時と変わらない様子で、さらりと出かけていった彼に、ここ数日、もう二度といっしょに暮らすことはないな、と少し寂しさを感じていた私は、ほんの少し救われました。


a0072737_15113768.jpgところで先日、息子の卒業と就職を祝って、祖父母を交えてのお祝いの食事をした「フォーシーズンホテル・椿山荘」のレストランで、こんな気の利いたデザートを用意してくださいました。
椿山荘の広い庭にある桜も近くに見える江戸川公園の桜も満開で、ご馳走も景色もとても良い思い出になりました。

これからは、海外生活を含めて、広い社会に羽ばたいていく息子の健康と幸せを祈りたいと思います。
[PR]
by tmsay-612 | 2007-03-30 15:30 | 家族

お土産

「アニョハセヨ~今、成田に着きました~」すっかり韓国の雰囲気に浸って・・・楽しい日々を過ごし、お隣の国、韓国からつい先日戻った♂1くんと♀1子ちゃんからも、ぜひぜひお土産をママのブログに載せて欲しい・・・という要望により・・・ちょっとご紹介します。
a0072737_21574297.jpg

a0072737_21575620.jpg
小雪のちらつく寒い寒いソウルの町を、現地で合流した韓国の友人たちといっしょにあちこち楽しい旅をしてきたようです。

ソウルはどこへ行っても日本語が通じてとてもびっくりした!屋台のおばさんも、飛び入りで入ったお店のおじさんも、繁華街で♀1子ちゃんに声をかけてきた若いお兄さんも見事な日本語を話したそうです。「どうしてそんなに上手なの?」と聞くと、お兄さんは高校で習ってしゃべれるようになった、ということでした。日本語OKのタクシーもあちこちに走り、「ソウルは東京より寒いでしょう?」などど、世間話も普通に出来たそうです。

こんなに近いお隣の国なのに文化の違いはたくさん感じてきました。
お箸をテーブルに直接縦に置くのはちょっと慣れなかった、お茶碗やお椀も手で持ってはいけない作法で・・・これはストレスになったな。
女の子がお酒を男の子に注いであげることも厳禁だった。
美味しいご飯も、なんだかどきどきしながらいただいていたのでしょう。

♀1子ちゃん、韓国の男の人は本当によく気が付く・・・と実感したようです。いっしょに旅をしたスヒョン君、荷物を持っていると、いつもいつも気を遣って、「持ってあげるよ」と必ず声をかけてくれたし、彼は、駅で見ず知らずの女の人が荷物を持って階段を上っていたら、さりげなく「持ってあげましょう」と言って走りよったそうです。とっても自然で・・・すごい気配りだなあと感動していました。それに引き換え・・・ウチのお兄ちゃんは・・・・♂1くん、ちょっと形勢不利ですね。

街を軍服姿の人が、普通に歩いていたこともとても驚いていました。
友人たちに徴兵制のこともいろいろと聞いて、同じ若者でも、置かれている立場の違いに考えさせられることもたくさんあったことでしょう。

韓国の人々が、こんなに日本のことに関心を持っていてくれるのだから、もっともっと自分たちも、お隣の国、韓国のことを知りたいと感じた若い二人の旅は、とても有意義だったことと思い、楽しく話を聞きました。
[PR]
by tmsay-612 | 2007-03-16 22:40 | 家族

娘の思い出

元気に、京都・奈良の修学旅行から帰ってきた、♀2子ちゃん、「 とっても楽しかった~!もっともっと居たかった・・」と話しています。
往復の新幹線、宿泊場所以外は、すべて5~6人のグループでの自由行動で、自分たちで行きたい場所のコースを決めて、いろいろと調べて回っていました。そして、学校がチャーターした観光タクシーでの見学でした。
なんと贅沢な・・・!!
私のころの修学旅行のように、どこへ行ったのか、何を見たのかあまり記憶に残らない、、次から次への観光バスでの一斉見学とは違い、タクシーの運転手さんの詳しい解説付きのそれはそれは、懇切丁寧な修学旅行に驚きです。

ママのデジカメで、たくさん撮ってきてあげた、ということで、私のブログですが、少しアップしてあげました。
特に印象に残ったこと・・・として、来年の受験の合格祈願した、北野天満宮の満開の梅、薬師寺での燃えるような夕焼け、ほっぺたが落ちそうに美味しかった、亀屋粟義の「加茂みたらし団子」、かわいくてちょっとこわかった奈良公園の鹿・・・
a0072737_23331895.jpg

a0072737_23333174.jpg

a0072737_23334315.jpg

a0072737_23335557.jpg

a0072737_2334371.jpg
お友達と過ごした楽しい思い出と、関西の方々にいただいたたくさんの親切が、娘の心にずっと残ればいいな、と思っています。
[PR]
by tmsay-612 | 2007-03-12 23:47 | 家族

ひなまつり

ひな祭りは、いつも決まって、子どもたちの学年末テストと重なり、ゆっくりとお祝いをしたことがありません。子どもたちのテストが終わってから、ゆっくりお祝いをしたくても、「 お雛さまはいつまでも出しておいたら、お嫁にいけない 」と、言われていますので、毎年、なんだか慌しく3月3日は過ぎていきます。
a0072737_23511742.jpg

今年は、高校生の♀2子ちゃんも、明日から出かける修学旅行の準備のために、早めにテストが終わり、♀1子ちゃんも早めに仕事が終わり・・・珍しく家族揃ってのひな祭りになりました。
簡単に、茶巾寿司、菜の花の辛し和え、鶏肉のお団子、たらの芽のてんぷら、澄まし汁の「 祝い膳 」を作って、ささやかにお祝いをしました。

a0072737_02012.jpgお昼に、いつもの目白駅近くの「志むら」さんに、お祝いの和菓子を買いに行ったら、お店の外にまで、行列が並んでいました。草もち、桜餅、道明寺・・・春を告げるきれいな和菓子がたくさん売れていました。お友達のお店なので・・・ちょっとうれしい・・・。私は、いつもの「 志むら 」さん特製の「 お内裏様 」を買って、我が家のお雛さまにお供えしました。
今日の東京も、自転車で走るのが心地よい、暖かな春風が吹いていました。

とうとう・・・初雪を見ることなく、春を迎えようとしています。
[PR]
by tmsay-612 | 2007-03-04 00:30 | 家族

義母の通院

今朝、ふと気がついたら、今日で2月も終わりでした。
「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」といいますが、ついこの間、豆まきをして、「立春」だわ、と思ったら、もう3月です。3月は、年度末で、学校関係の行事がたくさんあり、家族のそれぞれの暮らしの変化の時でもあります。益々、慌しく過ぎていくことと思うと・・・ちょっと恐ろしくなります・・・・

1月2月は、近くに暮らす義母の病院に付き添う日々が続きました。

今年、81歳になる義母が、少しづつ歩くことが不自由になり、特に右足をかばって右に少しづつ傾きながら杖を頼りに歩く姿がとても気になっていました。そこで、近くの国立病院で検査を受けるための通院が始まりました。

皮膚科・整形外科・脳神経内科・脳神経外科・・・それぞれの科で検査をして、原因を探して、よくわからないので次の科へ行ってみてください・・・そこで、また検査日を予約して、また改めて診療に行く・・・という繰り返しの日々でした。
付き添っていた私も毎回、長い待ち時間と、広い病院の中をあっちへ行ったりこっちへ行ったりの繰り返しでへとへとでしたから、年老いた義母は、どんなに大変だったかしら・・・と思います。
どこの科の看護師さんも一生懸命に、効率よく受診が進むように心を配ってくださっていましたし、明るく優しく対応をしてくださいました。ふだんめったに大きな病院にかからない私は、こんなにもたくさんの患者さんがいる、ということは驚きでした。

義母は、「腰椎脊柱狭窄症」、神経の通り道が、圧迫され特に右側が狭くなっているため起こる老化によるもの・・・ということが分かりました。私たち家族にとっては、大きな病気が原因でなくてよかったと思いましたが、義母にとって、「老化」と言われることはとても辛いことでした。

年を取ることによって、今まで普通に出来ていたことが少しづつ出来なくなる現実・・・長男夫婦の、私たちの手を借りなくてはならないことが日に日に多くなる暮らしは、義母にとって、申し訳ないという気持ちと情けないという気持ちの両方のようです。

両親の出来る範囲での「自立」の暮らしを見守りつつ日常を助けていく、という、この「絶妙のバランス」の大切さ、難しさを感じています。
そして、両親の姿は、いつか私たちも「通る道」なのだということも感じる日々です。
a0072737_13543816.jpg

[PR]
by tmsay-612 | 2007-02-28 13:57 | 家族

Anniversary

昨日は私たちの25回目の結婚記念日でした。

a0072737_21102022.jpg


今まで、結婚記念日だからといって、特別なことをすることはありませんでした。夫も私も、この日を忘れてはいませんでしたが、10年目の時も、15年目の時も、20年目の時も・・・いつものように家族で食事をして、過ごしていました。普通に暮らせることが何より、と思っていましたし、毎日が夢中だったのかもしれません。夫に、花束やプレゼントを抱えて帰ってくるようなことを、期待したこともありません。そんなパフォーマンスのできる人ではないのです。特に、何もしなくても気にしない、そんな気楽な夫婦にいつの間にかなっていたのかもしれません。娘たちが大きくなると「 パパ、今日が何の日か覚えているの? 」とよく突っつかれていましたが・・・

それでも・・・子どもたちも成長して迎えることの出来る、今年のこの「銀婚式」は、いつもの記念日とはちょっと違うように迎えたいな・・・と思っていました。仕事に忙しい夫も、今年のこの日は予定を入れずに、何か記念になることをしようと、考えていてくれました。

そして・・・昨日のこの記念の日に・・・すこしおしゃれをして・・・ふたりで食事をして、そしてコンサートに行きました。
a0072737_21372169.jpg
「 IL DIVO 」、ポップとオペラの融合を目指して作られた4人のメンバーの日本初来日公演コンサートです。昨年夏に、彼らの初来日コンサートの日程が発表されて、結成当時から大好きでCDを聴いていた私は、すぐにチケットを申し込みましたが、すでにすごい人気で、たった5分で完売・・・全く手に入らず、がっかりしていました。

そんな私に夫が、この記念日のチケットをオークションで買ってプレゼントしてくれました!

アルマーニのスーツをビシッと着こなす、イケメンの4人組みの彼らのコンサートは、夫が付き合ってくれたことが申し訳ないような、8割くらいが女性の観客で、ちょっと異様な雰囲気でした。それでも、いつもCDで聴いている彼らの音楽を、生で楽しむことの出来た私は、夢のようなひと時でした。帰りの電車の中で夫に「 パパは楽しめた? 」と聞くと、「 食事美味しかったね、コンサートはふつう・・・」という返事でした。

私にとってこの記念日は・・・きっと「一生忘れられない日」になることと思います。
この日の夫からのプレゼントは、これからまた何年間も、暖かな元気な気持ちで暮らすことのできる、素晴らしい「こころの糧」になりました。
[PR]
by tmsay-612 | 2007-01-31 22:42 | 家族