日々の暮らしの中で、心に残った小さな出来事やその日の私の思いを記憶に残したい・・・


by tmsay-612
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

初めてのお料理教室

ナース2年目となり、ちょっと仕事にも慣れて、少し暮らしに余裕の出来た♀1子ちゃん、お料理教室に通い始めました。やると決めたら、何でも一生懸命に突っ走る彼女は、お菓子とお料理の両方のコースを申し込んできました。本当に、仕事とお教室と両立できるのかなあ、と心配です。

そして今日、初めてのお菓子教室の日・・・実習で作ったケーキをお土産に、ルンルンと帰ってきました。「上手に出来た!」「楽しかった!」「早く食べてみて~!」
「え・・・っ!最初からこんなに難しいムースに挑戦したの??」

a0072737_23154831.jpg
『ムース・ド・カシス』 まるで、ケーキ屋さんのような出来栄えにびっくりです。それもそのはず・・・先生と生徒2人の至れり尽くせりの授業だったそうです。

ナースの♀1子ちゃんは、勤務が不規則で、休日が一定ではありません。夜勤の日は当然のことながら、朝帰ってきますし、仕事のお休みはほとんど平日です。というわけで、平日お昼の時間帯のお教室を申し込んだところ、とても空いていて、ほとんど先生と、生徒2~5人の授業で、とっても楽しく充実した授業を受けられるそうです。「ナースでよかった~」とおかしなことに感激しています。

ケーキは本当に美味しく、カシスの酸味と、真ん中に挟んであるチョコレートのスポンジの甘さがとてもよく合っていてとてもよく出来ていました。レシピも、綺麗なカラーイラストで分かりやすく書かれていて、もう一度家で復習する時にも、失敗しないように、よく気が配られています。ケーキは、ひとり一台、ホールスタイルを作って、お土産に持って帰ります。
今時の若い子に、どのようにしたら受け入れられるか、娯楽・趣味の一つとしてのクッキングのあり方をよくよく追求したお料理学校に、感動しました。

彼女は、これから、毎月いくつかのメニューの中から、自分の腕前と相談して選んで、実習してきます。私は・・・ひと月に、何回か、こんな立派なケーキをいただける楽しさと・・・カロリーオーバーを心配する気持ちと・・・ちょっと複雑な心境です。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-04-10 00:16 | クッキング

数学

a0072737_18543592.jpg
明日、高校三年生の始業式を迎える♀2子ちゃん、ついに本格的な受験生生活に突入です。「ひたすら明るい受験生」で、今日は、部屋の大掃除、要らないプリントや本や参考書の整理に追われていました。
「 わあ~!もう、一生数学を勉強しないですむ! 」とさっぱり、ほっとした気分で・・・たくさんの数学の教科書や参考書が捨てられていました。

彼女は、高1までは、数学が大好きでしたし、高2で、文系コースに進んでからも、文系数学を全部選択して頑張っていましたが、数Ⅱ、数Bは難しくて、ついに、「微分・積分」からは悲鳴をあげていました。理系の夫から「 これからが本当の数学なんだよ~」と励まされていましたが・・・

高3は、文系の受験科目の勉強に専念することにして、なんだかほっとしています。

私も自分のことを思い出しました。数学はどちらかというと得意科目でしたが、「数学ⅡB」から全然分からなくなって、数学の時間に座っているのがとても苦痛でした。先生の教え方が悪い!とか、進むのが早すぎる!とか、全然努力しない自分を棚に上げて文句ばかり言っていました。そしてそのうちすっかり諦めて・・・何とか最低レベルで単位は取りましたが・・・・昔々の「数学アレルギー」の苦い思い出です。

問題が解けた時の爽快感、答えがひらめいた時の喜び、そして、彼女と私の大好きな小川洋子さんの小説「 博士の愛した数式 」に書かれている、数字の不思議さ・面白さ・・・
「数学」から、たくさんの楽しい経験もしたのに、なんだか、「もう、おしまい!いらない!」といって全ての「数学」が捨てられててしまうのはかわいそうで、彼女の部屋の前から中学時代の参考書を何冊か拾ってきました。

さて・・・・日々思考力が低下していく自分のトレーニングのため?それとも、昔のリベンジのために・・・暇な時にそっと解いてみましょうか・・・
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-04-06 19:40 | 雑感

ベランダからのお花見

a0072737_14593324.jpg
毎年、近くの神田川沿いや新宿御苑に散歩がてらお花見に行っていますが、今年は息子を送り出す準備に追われて、ゆっくりと満開の桜を眺めるゆとりがなかったことに気が付きました。

今日も朝から、息子の残していたもろもろの物の整理や洗濯に追われています。ふと、ベランダから外を眺めると、お隣の聖母病院の桜がまさに満開、春爛漫の装いです。今夜から雨模様という予報ですから、きっと今日で、今年の桜も見納めになることでしょう。

a0072737_1551366.jpg息子を送り出して・・・まだまだ「息子のいない暮らし」に慣れない自分を感じています。この2年間は、研究とアルバイトで、ほとんど家にいないような日々でしたが、暮らしの中からすっかり息子のものがなくなってしまったことに、一抹の寂しさを感じます。
「着いたその日から、寮の先輩達の歓迎会だった!」「山が見えて・・・寮も広くて綺麗でとても住みやすそうだ」「今日は洗濯機を買いに行った」・・・
こまめにメールをくれて、すこしずつ、暮らしを整えていっている様子が分かり安心していますが・・・ごはんをきちんと食べているのだろうか、朝はちゃんと起きれるかしら・・・余計な心配が心を過ぎります。
覚悟と準備はしていたものの、「子離れ」の出来ていない情けない「母親」の自分に反省です。
曇り空の中、今日は朝からベランダでしばらくお花見をしました。
    『 この桜 はるか小倉で見る君の 晴れのスーツ姿を 思い浮かべて 』
今日は、息子の入社式です。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-04-02 15:40 | 家族

門出

a0072737_13181753.jpg
今朝早くに、社会人としての暮らしのスタートする北九州市に向けて、息子が出発しました。今日夕方に、小倉の本社に集合して、これから暮らす単身者の寮に案内され、準備を整えた後、4月2日、入社式から、晴れて社会人としての新しい暮らしが始まります。

幼稚園から大学まで、ずっとこの都会の真ん中で暮らしてきて、学生時代の友人も、親類も、ひとりも知り合いの人のいない地方での新しい暮らしですが、特に不安気な様子もなく、とても楽しみに、出かけていきました。

ここしばらくの間、寮に送る引越しの準備、研究室の整理、大学院の卒業式、しばらく会えなくなる友人たち、クラブの後輩たちとの送別会など・・・毎日のスケジュールがいっぱいで、落ち着いて話をする暇もありませんでした。お互いに、「あれをした?」「これは終わったの?」という連絡事項を確認することで精一杯で、慌しく今日を迎えました。
新生活のお祝いに、お赤飯でも炊いてお祝いしてあげましょうと思っていましたが、ついに家族でゆっくり夕食を囲む時間もなく、過ぎていきました。

「また、時間が出来たら帰ってくるよ~」と、まるで今まで大学へ通っていた時と変わらない様子で、さらりと出かけていった彼に、ここ数日、もう二度といっしょに暮らすことはないな、と少し寂しさを感じていた私は、ほんの少し救われました。


a0072737_15113768.jpgところで先日、息子の卒業と就職を祝って、祖父母を交えてのお祝いの食事をした「フォーシーズンホテル・椿山荘」のレストランで、こんな気の利いたデザートを用意してくださいました。
椿山荘の広い庭にある桜も近くに見える江戸川公園の桜も満開で、ご馳走も景色もとても良い思い出になりました。

これからは、海外生活を含めて、広い社会に羽ばたいていく息子の健康と幸せを祈りたいと思います。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-03-30 15:30 | 家族

鯨肉

a0072737_21492022.jpg学会で紀伊半島の白浜・勝浦方面に出かけ、熊野古道を旅している♂1くん、「鮪と鯨を送りましたよ~」とメールが来ました。生鮪の水揚げで有名な那智勝浦漁港と、捕鯨発祥の地、太地町を見学して、送ってくれたようですが・・・鮪は楽しみでしたが・・・鯨お料理した事もなく、ちょっとどきどきでした。娘たちは、「鯨・・・食べてのいいの~?」と心配しています。
そして・・・今日クール便で届きました!
どちらもとても新鮮で美味しそうです。
鯨を、どんなお料理にしたら良いのか・・・実家の母に電話をして尋ねたら「まあ珍しいものを!新鮮ならお刺身でもいいけれども、普通に焼いて、鯨ステーキにしたり、竜田揚げが美味しいのではないかしら・・・」と教えてくれました。捕鯨が禁止されるまでは、普通にお肉屋さんで売っていたようですが、私は記憶にありません。

a0072737_2215266.jpg

生姜醤油で下味をつけて、片栗粉をまぶして竜田揚げにしました。香ばしく揚がったところで、白髪ねぎなどの野菜といっしょに生春巻きの皮で巻いて、生姜醤油でいただきました。
a0072737_22245269.jpg

臭みもなく、牛肉のような歯ごたえですが、もっとさっぱりあっさりとした味です。肉よりも魚のほうが好きな私でも、くせがなくて美味しくいただけました。低カロリー・低脂肪で、戦後の日本の貴重な蛋白源だったようですが、捕鯨が禁止されて、調査捕鯨しか出来なくなったこのごろでは、見かけない食材になりました。
私が子どものころは、それでもまだ出回っていたようですし、私の兄たちのころは、学校給食で鯨がでたという話を聞いたことがあります。
家族みんなの、この「珍味」の評判も・・・なかなか好評でした。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-03-20 22:48 | クッキング

お土産

「アニョハセヨ~今、成田に着きました~」すっかり韓国の雰囲気に浸って・・・楽しい日々を過ごし、お隣の国、韓国からつい先日戻った♂1くんと♀1子ちゃんからも、ぜひぜひお土産をママのブログに載せて欲しい・・・という要望により・・・ちょっとご紹介します。
a0072737_21574297.jpg

a0072737_21575620.jpg
小雪のちらつく寒い寒いソウルの町を、現地で合流した韓国の友人たちといっしょにあちこち楽しい旅をしてきたようです。

ソウルはどこへ行っても日本語が通じてとてもびっくりした!屋台のおばさんも、飛び入りで入ったお店のおじさんも、繁華街で♀1子ちゃんに声をかけてきた若いお兄さんも見事な日本語を話したそうです。「どうしてそんなに上手なの?」と聞くと、お兄さんは高校で習ってしゃべれるようになった、ということでした。日本語OKのタクシーもあちこちに走り、「ソウルは東京より寒いでしょう?」などど、世間話も普通に出来たそうです。

こんなに近いお隣の国なのに文化の違いはたくさん感じてきました。
お箸をテーブルに直接縦に置くのはちょっと慣れなかった、お茶碗やお椀も手で持ってはいけない作法で・・・これはストレスになったな。
女の子がお酒を男の子に注いであげることも厳禁だった。
美味しいご飯も、なんだかどきどきしながらいただいていたのでしょう。

♀1子ちゃん、韓国の男の人は本当によく気が付く・・・と実感したようです。いっしょに旅をしたスヒョン君、荷物を持っていると、いつもいつも気を遣って、「持ってあげるよ」と必ず声をかけてくれたし、彼は、駅で見ず知らずの女の人が荷物を持って階段を上っていたら、さりげなく「持ってあげましょう」と言って走りよったそうです。とっても自然で・・・すごい気配りだなあと感動していました。それに引き換え・・・ウチのお兄ちゃんは・・・・♂1くん、ちょっと形勢不利ですね。

街を軍服姿の人が、普通に歩いていたこともとても驚いていました。
友人たちに徴兵制のこともいろいろと聞いて、同じ若者でも、置かれている立場の違いに考えさせられることもたくさんあったことでしょう。

韓国の人々が、こんなに日本のことに関心を持っていてくれるのだから、もっともっと自分たちも、お隣の国、韓国のことを知りたいと感じた若い二人の旅は、とても有意義だったことと思い、楽しく話を聞きました。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-03-16 22:40 | 家族

娘の思い出

元気に、京都・奈良の修学旅行から帰ってきた、♀2子ちゃん、「 とっても楽しかった~!もっともっと居たかった・・」と話しています。
往復の新幹線、宿泊場所以外は、すべて5~6人のグループでの自由行動で、自分たちで行きたい場所のコースを決めて、いろいろと調べて回っていました。そして、学校がチャーターした観光タクシーでの見学でした。
なんと贅沢な・・・!!
私のころの修学旅行のように、どこへ行ったのか、何を見たのかあまり記憶に残らない、、次から次への観光バスでの一斉見学とは違い、タクシーの運転手さんの詳しい解説付きのそれはそれは、懇切丁寧な修学旅行に驚きです。

ママのデジカメで、たくさん撮ってきてあげた、ということで、私のブログですが、少しアップしてあげました。
特に印象に残ったこと・・・として、来年の受験の合格祈願した、北野天満宮の満開の梅、薬師寺での燃えるような夕焼け、ほっぺたが落ちそうに美味しかった、亀屋粟義の「加茂みたらし団子」、かわいくてちょっとこわかった奈良公園の鹿・・・
a0072737_23331895.jpg

a0072737_23333174.jpg

a0072737_23334315.jpg

a0072737_23335557.jpg

a0072737_2334371.jpg
お友達と過ごした楽しい思い出と、関西の方々にいただいたたくさんの親切が、娘の心にずっと残ればいいな、と思っています。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-03-12 23:47 | 家族

富士山

a0072737_21414971.jpg

a0072737_1194796.jpg
♀2子ちゃんは、今週は修学旅行へ、そして、♂1くんと♀1子ちゃんは、お友達といっしょに、韓国へ遊びにいきました。
こんなことは初めてです!夫と私の、夫婦水入らず・・・・。せっかくの機会ですので、暖かな静岡方面へ車を走らせました。

素晴らしいお天気で、どこを走っても大きな富士山を眺めることができました。
絵葉書のような富士山」を探しに、あちこち走り回りました。その中でも、新日本三景の一つに選ばれただけあって、「三保海岸」からの富士山は絶景でした。ちょうど、清水港から、伊豆半島土肥海岸へ向かうフェリーが通り、素敵な風景になりましたが・・・・
残念だったのは、私の愛用のデジカメを、修学旅行へ持って行きたい!と、♀2子ちゃんに取られてしまい・・・私は持っていなかったので、こんなに素晴らしい景色をデジカメで撮ることはきませんでした。、夫とふたりで、なれない携帯電話のカメラを操作して、良く分からないままパチパチと撮ったのですが・・・。
あ~あ、やっぱり、ピントがきちんと定まっていません・・・心には素晴らしい景色を刻みましたが、綺麗に記録に残せず残念・・・

一泊した、日本平ホテルの部屋からも、真正面に、それはそれは素晴らしい富士山が見えました。
日が暮れて来るに従い、富士山が夕闇に霞んでシルエットになり、やがて日が落ちると、今度は、清水市内と港の夜景がとても綺麗でした。
ところで、このホテルの「庭」・・・初めて来たのに、なんだか見たことがあるわ~とずっと考えていましたら・・・現在放映中のドラマ「華麗なる一族」の主人公、豪邸万俵家の庭、として使われたロケ現場でした。( ご覧になっている方はお分かりかと思いますが、あの「将軍という鯉」が泳いでいる池は、この写真の池です。)

私の育った湘南の実家の二階から、お天気の良い日は富士山がよく見えましたし、中学・高校時代に通った学校も、高台にあったので、朝な夕なにいつも富士山を眺めていました。富士山は、見慣れた風景でしたが、こうして、あらためて眺めてみると、本当に美しい形の山で、感動し、心が落ち着きました。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-03-09 12:30 | 雑感

ひなまつり

ひな祭りは、いつも決まって、子どもたちの学年末テストと重なり、ゆっくりとお祝いをしたことがありません。子どもたちのテストが終わってから、ゆっくりお祝いをしたくても、「 お雛さまはいつまでも出しておいたら、お嫁にいけない 」と、言われていますので、毎年、なんだか慌しく3月3日は過ぎていきます。
a0072737_23511742.jpg

今年は、高校生の♀2子ちゃんも、明日から出かける修学旅行の準備のために、早めにテストが終わり、♀1子ちゃんも早めに仕事が終わり・・・珍しく家族揃ってのひな祭りになりました。
簡単に、茶巾寿司、菜の花の辛し和え、鶏肉のお団子、たらの芽のてんぷら、澄まし汁の「 祝い膳 」を作って、ささやかにお祝いをしました。

a0072737_02012.jpgお昼に、いつもの目白駅近くの「志むら」さんに、お祝いの和菓子を買いに行ったら、お店の外にまで、行列が並んでいました。草もち、桜餅、道明寺・・・春を告げるきれいな和菓子がたくさん売れていました。お友達のお店なので・・・ちょっとうれしい・・・。私は、いつもの「 志むら 」さん特製の「 お内裏様 」を買って、我が家のお雛さまにお供えしました。
今日の東京も、自転車で走るのが心地よい、暖かな春風が吹いていました。

とうとう・・・初雪を見ることなく、春を迎えようとしています。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-03-04 00:30 | 家族

世界らん展2007へ

久しぶりに実家の母を誘って、東京ドームで開かれている「 世界らん展日本大賞2007」へ行ってきました。
昨年も行きましたが、広いドームが人人人・・・でゆっくりお花を近くで楽しむどころか、満員電車の中にいるような混雑の中での見学でしたが・・・今年は、開場時間と同時に入り、ゆっくりとたくさん観賞することが出来て、満足でした。
a0072737_23441690.jpg
a0072737_2344262.jpg
a0072737_23443761.jpg
a0072737_2345894.jpg
a0072737_23452079.jpg
a0072737_23453242.jpg
a0072737_23454657.jpg
a0072737_23464516.jpg
a0072737_2346546.jpg

いつもベランダで簡単に育てられる花々や、花瓶に挿して楽しむ身近な花としか接していない私は、こんなにも 「華やか」 「優雅」 「絢爛豪華」 なたくさんのらんを見て、圧倒されてしまいました!
見事・綺麗以外の言葉も出ませんでした・・・
下手な写真ですが・・・そんな花たちの雰囲気が少しでも伝われば・・・うれしい~です!
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-03-03 00:08 | 雑感