日々の暮らしの中で、心に残った小さな出来事やその日の私の思いを記憶に残したい・・・


by tmsay-612
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

めでたい

先日、お正月らしいかわいいお菓子をいただきました。
    a0072737_23433868.jpg
a0072737_2344055.jpg









明石市の『 藤江屋 分大 』 の「 明石もなか・めで鯛もなか 」です。鯛の形をした、薄いピンク色の皮に、甘すぎないこしあんがたっぷりと詰まっていて、大きすぎずとても上品なもなかです。
尻尾からこしあんが見えるようになっていることから「 笑いもなか 」と呼ばれているそうで、鯛のめでたさと笑いとで、お祝い事に使われるお菓子として有名だそうです。

何かお祝い事があった時に、こんな気の利いた手頃なお菓子をいただいたらきっと嬉しいかもしれない・・・と思い、私の美味しいものリストに加えておきました!


P・S
   a0072737_0223328.jpg
a0072737_0244118.jpgヒヨドリの被害から、大きな眼のぬいぐるみのチップに守られて、ここ2~3日過ごしていた我が家のキンギョソウの金ちゃんですが・・・すぐに、ヒヨドリに、「チップは動かなくて怖くない!」と学習されてしまいました。
そこで、やっと通販で買った「鳥退治グッズ」が届き、今日から取り付けてみました。
効果のほどは、まだ分かりませんが・・・これで、金ちゃんが安心して咲き続けてくれることを祈るばかりです。いろいろとご心配いただいた皆さま、ありがとうございました。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-01-16 00:27 | 美味しいもの
私が大切に育てていて、お花の寂しくなる寒い冬も、たくさんのお花を咲かせて私を楽しませていてくれたキンギョソウの金ちゃんがまたまた、ヒヨドリのエサになってしまいました。先日も、ヒヨドリに、お花も茎も食べられていて、慌てて♀2子ちゃんにもらったCDを吊るしておきました。ほんの、2~3日は効果がありましたが、すぐに、ただ、キラキラ光っているだけで、ちっとも怖くない、とすぐに学習してしまいました。
昨日、お買い物から帰ってベランダを見てみると、満開だったお花の半分が、すっかり食べられていました。
a0072737_23125233.jpg
本当に、冬の東京で暮らす鳥たちにとってエサがないのか・・・それとも、この金ちゃんはそんなに美味しいのか・・・どちらでしょう・・・・倉嶋厚さんの『 癒しの季節ノート 』の中に、「花吸い鳥・花喰鳥」についての記述があります。スズメ・シジュウカラなどは、花を食いちぎり、桜の木の下に花全体がポタリポタリと落ちていると書いてありました。鳥の習性の中にこのような行動があるのかもしれません。

でも・・・私も、このまま、食べられ続けるわけにはいきません!
というわけで、早速インターネットで、鳥が手すりに止まれないようなグッズを探して注文しましたが、到着するまで何か策を練らなくてはなりません。
a0072737_23174633.jpg
今日、お休みだった♀1子ちゃんが、先日ディズニーシーで当ててきた‘チップ’を貸してくれました。この子を見張りにベランダに置いておきました。ヒヨドリは、近くの枝に止まって、ずっとお花を眺めていました。今日のところは「大きな眼」でにらんでくれていて、効果がありました。

鳥退治グッズが届くまで・・・チップに頑張ってもらいましょう!
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-01-11 23:59 | 花々

新芽

お正月休みに続く、3連休が終わりました。学校も今日が始業式、やっとふだんの日常生活が始動した感じです。朝9:00には、主婦の私を除いて、だーれもいない我が家は何日ぶりのことでしょうか・・・
ゆっくり朝食をとって・・・午前中は良いお天気に誘われて、窓を開けて久しぶりに念入りに掃除をしました。
お正月のお花をもう一度綺麗に入れ替えていたら、あらっ!金枝柳からかわいい新芽が出ていました。
a0072737_21173644.jpg
南向きのリビングは、部屋の中まで陽射しが入り、冬の間はまるで温室のようにポカポカとした暖かさですので、春が来たのかと間違えたのかもしれません・・・


この3連休の一日、夫と久しぶりに映画館で映画を見ました。
最近は、少し待てばすぐに新作のDVDが発売され、家でくつろいで、見たい映画を見ることができます。ですから、忙しい夫はなかなか映画館へ足を運ぼうとはしません。そんな夫が、今回、珍しく私の誘いを受けてくれた映画は「 007/カジノ・ロワイヤル 」です。
夫が高校生のころ、良く友達と見に行っていたという「007シリーズ」の最新作です。

物語の展開が早く、スリル満点で、2時間30分があっという間でしたが、こんなにすごいアクション映画だったとは・・・意外でした。スパイものですので、もう少し頭脳戦の映画かしらと思っていました。
夫の感想も、同じでした。以前の007シリーズは、武器の面白さや暗号の解読や、駆け引きや・・そんな内容が中心だったそうです。今回のボンドはかっこいいけど・・・もう少し「キザ」なほうがいい・・・と・・・

それにしても、映画が終わって、映画館の明りが付いて、ほぼ半分くらい埋まっていた観客を見回してみたら、ほとんどが夫とほぼ同じ「団塊の世代」と思われる人々でした。きっと、夫のように、学生時代に見たこのシリーズに懐かしさを感じながら、映画館に足を運んだのでしょう。

私は・・・時々は「夫婦50割引・2000円」でこうして映画館で映画を見るのもいいものだわ・・と思いました。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-01-09 22:37 | 雑感

はなびら餅

a0072737_15354848.jpg

お正月の和菓子「花びら餅」を買いに行きました。以前にもご紹介した、目白の老舗和菓子屋さん「志むら」まで。さすがに老舗のお店だけあって、年末年始は、お店の外にも人が溢れるくらいの人気です。目白在住でいらした落語家の五代目柳家小さん師匠が、冬は丹前、夏は浴衣姿にからからと下駄の音をさせながら、いつもふらっと「志むら」の和菓子を買いにいらしていたのを思い出します。

a0072737_1544562.jpgなんとも品の良い大きさとお餅の色艶・・・餅、押鮎、味噌の縁起物をあらわすこの花びら餅を、いただきながら今年も良い年でありますように・・・と思いました。
そして・・・こんなにかわいい「お年賀」もくださいました。今年の干支、「いのしし」をあしらったべっ甲飴です。毎年その年の干支の飴を用意してくださいます。今年も、月ごとに変わる、まるで芸術品のように綺麗な「季節の煉り切り」をいただきに、志むらに通いそうです。

縁起物の花びら餅をいただいたからかしら・・・夕方に買い物に行った近所のスーパーの新年のくじ引きでなんと「お年玉」が当たりました!金一封1000円です。やった~!
こんなことで喜んでいる私は、なんと単純なのかしら、と思いつつ、新春早々から、ルンルンした気持ちになって帰りました!
a0072737_15544490.jpg

[PR]
# by tmsay-612 | 2007-01-04 16:01 | 美味しいもの

新年早々・・・

のんびりと過ごすお正月・・・南側のベランダを眺めていたら、お向かいの家の庭木にオナガが止まっています。なにやら綺麗なエンジ色のものをくちばしに銜えています・・・あれあれ???
もしや・・・私が大切に育てているキンギョソウの「金ちゃん」では???慌ててベランダに出てみると・・・
a0072737_15564872.jpgやっぱり・・・手すりに近い3~4本が、葉っぱもお花もすっかり啄まれて茎しか残っていません。

都心に生きる野鳥は、冬になると食べ物が少なくなり、どんなものでも食べてしまいます。果物や木の実を置いて、餌付けをしている家もありますが、雀やめじろやかわいい小鳥が来るのではなく、オナガ、ヒヨドリ、大きなカラスまでやってきて、乱暴にえさを食べて、周りを糞で汚していきます。東京のカラスはとても獰猛で、大きな眼とくちばしで迫ってくると、人間でもとても怖く感じます。小さな小鳥は、エサが欲しくても、遠くの枝から眺めているだけです。

2~3日もするとキンギョソウの金ちゃんはすっかり丸坊主にされてしまいそうですので、慌てて娘にいらないCDをもらって、吊るしておきました。
ささやかに花を育て、鳥も声を聞き、日々少しでも自然を感じて過ごしたいと思っていますが、都心ではなかなか思うような暮らしが出来ないことを、少し残念に思いました。
a0072737_21123834.jpg

[PR]
# by tmsay-612 | 2007-01-03 21:14 | 雑感
新年 明けまして おめでとうございます
今年も、ブログを通して皆さまにお会いできますのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

朝から、夫と近所の神社へ初参りに行きました。ふだんはひっそりとした境内に、普段着姿の近所の人々が途切れなく訪れていました。お守りやおみくじを納める小さなお店も出ていて、静かなお正月らしい風景でした。
a0072737_18392159.jpg
おみくじを引いたら・・・「吉」・・・今年も健康に、そして日々小さな幸せに気付く気持ちを忘れずに、私らしく過ごしていきたいと思っています。
a0072737_18454048.jpg東京は寒さも厳しくなく、穏やかなお正月です。神社に向かう途中の小さな公園のもみじが、まだ綺麗な朱色に色づいていました。
子どもたちは、それぞれに従兄弟や友人たちと賑やかに過ごすお正月、そして私たちは、両親とゆっくり話をしたり、テレビのスポーツ観戦を楽しむいつものお正月です。
[PR]
# by tmsay-612 | 2007-01-02 19:04 | 雑感

大晦日

a0072737_18161550.jpg
いつものようにひっそりとした静かな大晦日です。大都市東京は、繁華街はお正月の買い物に訪れ人々で、賑わっていますが、少し離れた、住宅地は、帰省されたり、長い休みを利用して旅行に出かけたりする人々が多いのか・・・だーれにも会いません・・・本当にシーンとした静かな年の暮れです。

a0072737_18212168.jpgやっと、お正月の料理の準備が整い、今は、年越しそばを作りながら、PCに向かっています。元旦早朝から仕事に出かける新米ナース♀1子ちゃん、朝の家族揃っての祝い膳にはいないので、今年は、特別に「ミニおせち重」を作ってあげました。早速の仕事始め・・・この縁起物のおせち料理をいただいて・・・気持ちを引き締めて、出かけていくことでしょう。

私にとって今年は、ブログを始めて、本当に様々な体験をしたとても思い出に残る年でした。この拙文のブログを訪れてくださいました、すべての皆さまに心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。
どうぞ皆さま、お元気に良いお年をお迎えくださいね。
来る年が、皆さまにとりまして、幸せな年となられますよう、お祈りしています。                                   感謝をこめて・・・ tmsay
[PR]
# by tmsay-612 | 2006-12-31 18:36 | 雑感

お正月準備

a0072737_23402921.jpg

a0072737_2341812.jpg

今年もあと2日を残すだけとなりました。家の中にも、少しづつ、お正月の雰囲気が漂ってきました。お正月のお花を生けて、塗りの漆器を出して・・・

明日、明後日は簡単に我が家のおせち料理を作り、両親の家と我が家のお雑煮の準備です。いつもの我が家の年末の風景・・・慌しい中で2006年が終わろうとしています。
[PR]
# by tmsay-612 | 2006-12-30 00:15 | 雑感

クリスマス・プレゼント

a0072737_122431.jpg
ブログ・フレンドの雨漏りセンセイから思いがけず素敵なプレゼントが届きました。    藤沢たかしさんの本『63歳からのパリ大学留学』です。
この本のことを以前雨漏りセンセイがブログで紹介されました。それは、私の亡き父が大切に読んでいた本でしたので、とても懐かしく、そのことをコメントさせていただきました。

この本の著者、藤沢たかしさんは、亡き父の京都大学時代の友人です。藤沢さんはこの本を出版された時に、その記念として一冊を父に贈ってくださり、父はそれを、いくつかのお気に入りの書籍と一緒にいつも手元に置いて、大切に読んでいたのです。
先日ブログを拝見してそのことを思い出し、私も読んでみたくなって、実家で一人で暮らす母に探してくれるように頼みました。しかし、父の書棚からすぐには見つからないようで、少しがっかりしていました。
今回、私のブログの100回の記念に、簡単なクリスマスオーナメントをお送りしましたら、そのお返しにと、雨漏りセンセイがこの本をわざわざ探して送ってくださいました。

父は、大正7年生まれ、元気でいれば今年88歳になります。若い時代には、今の若者と同じ様に夢や希望がたくさんあった事と思います。しかし、戦争の嵐の中で青春時代を過ごし、それらは叶うことはなく、その困難な時代を生きることを受け止めて生きていました。
父は、昭和17年春に大学を卒業する予定が、第二次世界大戦の開戦により、三ヶ月早く卒業させられ、すぐに陸軍の兵隊として南方へ出征しました。それから、終戦により、奇跡的に帰還するまでの5年間について、後々私たち子どもに雄弁に語ることはありませんでしたが、その苦労については想像するに難しいことではありません。

やがて、一企業人として、70歳で仕事をリタイアするまで、日本の復興のために、そしてまた私たち家族のために、ただひたすら真摯に働き続ける日々でした。それでも、どんなに忙しい時でも、読書をする姿はありました。、特に、西洋史が好きで、いつも中央公論社の『 世界の歴史 全集 』を読んでいた父は、ヨーロッパの文化や歴史に憧れていたのでしょうと思います。

そんな中で、旧友の藤沢さんが、還暦を過ぎて、若い頃からの夢を果たし、パリ大学に留学されたことは、父にとってとても感動的なことだったのかもしれません。実家の父を訪ねると、いつも手元にこの本を置いていた姿を思い出しました。

父が亡くなって15年が過ぎますが、思いがけないプレゼントでこの本を手に取り、再び父のことを身近に感じることができて・・・ブログを通しての想像を超えた出会いに感謝をしています。
このお正月ののんびりとした時間に、ゆっくりとこの本を開いてみるつもりでいます。
[PR]
# by tmsay-612 | 2006-12-25 22:38 |

クリスマス・ケーキ

a0072737_13492770.jpg
夜にアルバイト先から帰った♂1くんの手にクリスマスケーキの大きな箱が・・・
「 わあ~家族にお土産を持って帰るなんて君もずいぶん気の利く子になったわねえ~ 」と感心していたら・・・アルバイト先の売れ残りをいただいてきたのでした。

まあ、事情は何であれ、夜中なのも忘れて、美味しいコーヒーを入れて家族みんなで美味しくいただきました。わいわいがやがや、一足早いクリスマスです。

さて今日はクリスマスイブ・・・皆さまどのようにおすごしでいらっしゃいますか?

我が家は、相変わらずそれぞれの過ごし方です。
♂1くんは朝から晩までアルバイト、今日の秋葉のカフェは書き入れ時のことでしょう。
新人ナースの♀1子ちゃんは、クリスマスもお正月も仕事・・・今日は病棟の患者さんと温かなクリスマス会を楽しんでいることでしょう。
プレ受験生の♀2子ちゃんも、なんだかいろいろと忙しそう・・・
もう枕元にプレゼントを置く事はしませんが、今夜はみんな揃った時に、準備したささやかなプレゼントを渡すことにしましょう。
夫と私は、まだまだ年賀状の整理と制作の真っ最中です。

そして、夜が更けたら、お隣の聖母病院の聖堂のクリスマスミサにうかがいます。幼いときから通ったキリスト教の学校で、シスターにいつもクリスマスの意味を教えられました。
  
 日頃様々な罪を犯してしまう私たち人間の心を救うために、神様はひとり子をこの世に送ってくださった日・・・嬉しい日であると同時に、この一年を静かに振り返る日でもあるように・・・と・・・

今夜は、聖堂の椅子に座り、聖歌を歌い、静かにこの一年を振り返ることでしょう、幼い時からのいつものクリスマスのように・・・・
a0072737_16431327.gif

[PR]
# by tmsay-612 | 2006-12-24 14:19 | 家族