日々の暮らしの中で、心に残った小さな出来事やその日の私の思いを記憶に残したい・・・


by tmsay-612
カレンダー

<   2006年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ハイジ

小学校4年生の時に、祖父に買ってもらって読んだ本、ヨハンナ・シュピリの「アルプスの少女ハイジ」は未だに忘れられない1冊です。本を読むことが日常の楽しみの一つになったのは、この本がきっかけでしたし、スイス・アルプスの山々への憧れもずっとこの時から続いています。

その「ハイジ」がイギリスで映画化され、7月から日本でも公開されています。
a0072737_15145071.jpgチラシやインターネットを調べてみると、幼いときからずっと描いている「私のハイジの物語」のイメージを壊さない素敵な映画のようでしたので・・・昨日、友人と恵比寿ガーデンシネマで字幕で見てきました。
とても素敵な映画でした。大げさな脚色をすること無く、淡々とした演出で、おじいさんもハイジも演技とは思えない、アルプスの山からそのまま出てきたようなとても自然な雰囲気でした。あらすじを知って見ていますので、ハラハラドキドキすることも無く、周りの景色や、登場人物の表情など、ゆったりと見ていられたのもよかったのかもしれません。子供のお話ですが、大人も充分楽しめる映画でした。友人と、ハリウッド映画では味わえない、なんともいえない余韻を感じて満足して帰ってきました。

「スイス」といえば、私たち日本人の知らない「スイス」について紹介している本を読んだことを思い出しました。
a0072737_1553112.jpg
前駐スイス大使・国松孝次さんの 「スイス探訪・・・・したたかなスイス人のしたたかな生き方」です。国松さんといえば、オウムの幹部に銃撃されその後奇跡的に回復された元警察庁長官です。本屋さんでこの本を手にするまでは、スイス大使をされていたとは知りませんでしたが、この本は、3年間の大使在任中に感じられたスイスについてのエッセイ集です。
スイスといえば、「観光」 「ウイリアム・テル」 「ハイジ」 くらいしかうかばない私たち日本人の偏った知識を、もう少し広くスイスの歴史・政治・文化・経済について紹介しています。
フランスでもドイツでもイタリアでもない 「スイス」・・・勤勉で有能な国民性、建国以来堅持してきた直接民主制、そしてそれを支える強固な共同体意識・・・今まで知らなかった「スイス」のある側面が少し理解できる本です。
[PR]
by tmsay-612 | 2006-08-31 16:21 |

富士山

学生生活最後の夏休みを過ごしている♂1くん。来年からお世話になる企業の人事の若い社員の方に「 学生でしかできないことを悔いのないように過ごしておくと良いよ 」とのアドバイスを受けて、何をしようか・・・いろいろと考えていました。しかし、夏休みといっても、アルバイトと卒業研究でいつもと変わらない忙しい日々です。時間を見つけて、週末に江ノ島へクラブ活動で楽しんでいたヨットを乗りに行ったり、野球やサッカーを見に行ったり・・・・それなりに楽しんでいたようでしたが・・・

先週突然、学生最後の思い出に「富士山に登ってくる!」といって出かけていきました。

大学生協ツアーのバスで富士山5合目まで行き、その日のうちに8合目の山小屋まで登り、仮眠します。翌朝、午前2時に山小屋を出発して、午前4時半の「ご来光」に間に合うように、懐中電灯のライトをたよりに一列になって山頂を目指します。、山頂でひたすら太陽が顔を出すのをまだかまだかと待つのだそうです。
幸い、雲海の上からきれいな太陽を眺めることができたようでした。

外国の観光客の方がたくさん登っていたこと、山頂は思ったよりも広くて、今は無人となった気象庁富士山観測所など、隅々まで2時間近くかけて歩いてきたこと、ゴミはもちろん持ち帰り、トイレは有料、登りよりも下りのほうが危険で大変だと思ったこと、日の出を見た時はやっぱり感動したこと・・・などいろいろと話してくれました。

a0072737_17335923.jpg
山の上だから、何を買うにも値段が高かったようですが、家族にお土産を買った来てくれました。富士山の形をした羊かん、静岡緑茶のお味です。あんまりきれいで可愛い羊かんで、食べるのがもったいなくて、記念撮影です!

夏休みもまだ半分、これから旅行も計画しているようですが、学生最後の夏に富士山に登った!ということは、何年もたってからきっと良い思い出となることでしょう。

ところで、私は学生最後の夏休み、何をして過ごしていたかしら・・・と一生懸命考えましたが、何にも思い出せません。私も何か記念になるイベントをしておけばよかった、と少し後悔しています。
[PR]
by tmsay-612 | 2006-08-29 17:47 | 家族

左利き

私は左利きです。私の幼い頃は、まだ世の中全体が、「左利きは日常生活でとても不便で良くない」という考え方が中心だったようで、母は何をするときにも「おててが反対!」と私を厳しく躾ていました。お絵かきのクレヨンを左手で持ったり、いただきまーすといってお箸を左手で持って、とても叱られたことは、幼い頃の、少し心の痛い思い出です。
それでも全てのことを右利きに直すことは難しかったようで、お箸と鉛筆は右手でも使えるようになりましたが、そのほかのことは今でも全て左手です。

お料理で包丁を持つのも、縫い物をするのも、スプーンやフォークを遣うのも・・・また、ラケット競技も、ボールを投げるのも・・・日常生活で常に左手を空けておかなくては不便ですので、ショルダーバックをかけるのも右肩ですし、腕時計も右手にはめます。
世の中全体が、右利きの人を中心に作られていますので、時々、スムースにいかない事はあります。例えば、自動改札の、Suicaをタッチしたり、カードを入れるところは、すべて改札の右側にあります。左利きの私はいつも左手でカードを持って手を身体の前でクロスさせてタッチをしなくてはなりません。電話も、受話器が全て左側についているのは、左手で持って右手でプッシュするためですが、私は反対です。
それでも、今では左利きだからといって、無理に右利きに変えることはしなくなりましたので、日常で少し不便に感じることはあっても嫌な思いをすることはありません。

そんな私は、先日本屋さんでとても興味深い本を見つけました。
a0072737_2123127.jpg
ダ・ヴィンチ、ナポレオン、ビル・ゲイツなどが左利きだったために、こんなセンセーショナルな題名が付いたようですが、内容は、利き手がどのような仕組みで生まれるのかを、科学的に突き止めようとした本です。左利きが遺伝によるものなのか、それとも環境によるものなのか・・私の知りたいと思っていた内容もあり、一気に読みました。残念ながら、「利き手」については謎のことが多く、まだまだ解明されていないようですが、動物と利き手についてや、言語発達と利き手についてなど脳の進化に関することを含めて興味深い内容でした。

ところで、日本語では、「左遷」 「左前」 「左巻き」など左を悪い意味で使う言葉が見られる一方「左うちわ」のようによい意味の使い方もある、とこの本の訳者は言っています。しかし、世界の民族の中でも、「右→善、左→悪」という図式を据えている地域もあるようです。

人類の 「左を悪」 という考えはどうして生まれたのか、ちょっと調べてみたくなりました。
[PR]
by tmsay-612 | 2006-08-28 22:19 |
昨日ご紹介した「関口パン」へ行った時に、必ず立ち寄るところがあります。「関口フランスパン」創業の元となった関口教会、現在の「東京カテドラル聖マリア大聖堂」です。
        
a0072737_223231.jpg

a0072737_223282.jpg

a0072737_2241790.jpg


7歳から22歳までキリスト教・カトリックの小さな学校で教育を受けた私は、空へ空へと伸びる教会の十字架を見つけると、なんだか心が落ち着きます。大きなことでも、些細なことでも、自分の心の中だけでは解決できなくて心がもやもやしている時、家族の誰かに苦悩があったとき、いつも、この教会に来て、しばらくぼんやりと座っていました。信者ではないけれども、幼いときから、毎日幸せに暮らせる日々に感謝して神様に祈ることを習慣とする教育を受けてきた私にとって、「苦しい時の神頼み」そのものかもしれませんが、神様、どうしたらよいでしょう・・・とあの子供のときのように、心から素直になれる大切なところなのです。しばらく、静寂の中でじっと座っているだけで、きっと大丈夫・・・とすこし心が軽くなります。
いつだったか、友人に「 あなたは何の疑いも無く信じて祈る対象があることがとてもうらやまいわ 」と言われたことがありました。
自然界の不思議なこと、花々の美しさ、虫たちの不思議さ、そう、あのふうせんかずらの可愛い模様も、私たち人間の力では想像もつかない見えない大きな何かによって作られ、動かされているのでは、という畏敬の念を感じています。その「大きな何か」が、何であるかは人それぞれの考えです。その何かは神様、と小さいときに教えられ、今も信じて疑わない私は、やっぱりしあわせなのかもしれません。

a0072737_22494946.jpgこの教会には、もうひとつ思い出があります。学生時代、合唱をしていた私は、仲間とよくこの教会のコンサートに出演していました。全然実力のない合唱団でしたが、この教会で歌う時は、音はとりにくいのですが、素晴らしい反響でとても上手に聞こえたものです。そう、お風呂で歌っている、その数倍も上手に聞こえる感じですね。「 私たちって凄いかもね! 」と勘違いをしていた、若い頃のうぬぼれた自分を思い出して、おかしくなります。
[PR]
by tmsay-612 | 2006-08-25 23:06 | 雑感

関口パン

時々、美味しいパンが食べたくなると、バスに乗って少し遠くのパン屋さんに行きます。関口台町の「関口パン」です。この界隈ではちょっと有名な古い歴史のパン屋さんです。そのはじまりは遥か遠く、明治の初め、キリスト教が解禁になり、最初にローマ法王の使者として来日した司教によって、日本ではじめてフランスパンの製法が伝えられた教会の製パン部による、ということです。
様々な歴史を経た今では、関口教会から独立して、教会の前の坂を少し下ったところにある普通のちょっとおしゃれなパン屋さんです。サンドイッチやデニッシュや美味しそうなパンが並んでいますが、今でも1番人気はやっぱりフランスパンで、午後になると売り切れになってしまうこともありますので、朝の家事が終わると急いで買いに行きました。
a0072737_22262221.jpg

a0072737_2227254.jpg

a0072737_22271882.jpg

a0072737_2243256.jpg

a0072737_22432167.jpg

お店の奥には、緑に囲まれた小さなテラスつきのカフェもあり、モーニングやランチなど地元では知る人ぞ知る人気スポット・・・これからの気持ちのよい季節のひととき、テラスでの美味しいサンドイッチとコーヒーのランチは私のささやかな秘密の贅沢なのです。
[PR]
by tmsay-612 | 2006-08-24 22:53 | 美味しいもの

meiさんからのプレゼント

ブログを通じて仲良くさせていただいている、「 Sweet(s*) Flower*... きれい 可愛い いとおしいをデザインしましょう♪ 」のtablemei2さんから、楽しみに待っていたプレゼントが届きました!
a0072737_17262767.jpg
スーパー主婦のmeiさんのブログ・・・いつもアイディアいっぱいのお料理や、発想豊かなお花など、素敵な生活をご紹介していただいていて、とても感動しながら、楽しみに拝見しています。先日、大切に育てていらした「ふうせんかずら」と「むかご」の種がたくさんできましたので、プレゼントしま~す、とのことで思わず、あつかましく「ください!!」とご連絡してしまいました。

「ふうせんかずら」は、時々家のご近所でもみかけますが、白い可憐な花とつるのぐんぐん伸びる明るい緑色の葉っぱがきれいです。お花が終わると、まるで紙風船のように袋が膨らみ、そして、ぽんっ!!と袋が破れると中から可愛い種が出てきます。

a0072737_17374267.jpg
その種を、本では見たことがあったのですが、この手にとったのは初めてでした。まるで夢のよう・・・まん丸でひとつひとつに薄いベージュ色のハートの模様が付いているのです。どうして、こんな模様ができるのでしょうか・・・自然界のいたずらに感動です。

a0072737_1753527.jpg

むかごは、子供たちが幼い頃大好きだった「14ひきシリーズ」の絵本に出てきました。いつも、絵本を読んであげながら、「むかごってなに?」と聞かれて、都会育ちの子供たちに説明するのが難しかった思い出があります。

ご丁寧なお手紙と、これらの種の育て方と、そして・・・meiさん手作りのコースター( 和紙でご自分で染められたもの )もご一緒に送ってくださいました。本当に胸がいっぱいになりました。
ブログがなければ、知ることもできなかったたくさんの方々、そしてたくさんのこと・・・
ブログを通して、また私の世界が少し広がりました。meiさん、ありがとうございました!
[PR]
by tmsay-612 | 2006-08-23 18:08 | 雑感

はらはらどきどき・・・

a0072737_215980.jpg私は、子供のときから高校野球が大好きです。大阪・交野がふるさとだった父は、夏休みに家族で田舎に帰ると決まって、高校野球を見に、甲子園に連れて行ってくれました。旧制中学高校大学とアマチュア野球で活躍していた父は、楽しそうに、朝から晩まで甲子園で野球を見ていました。その時、私に野球のルールを教えてくれました。元ジャイアンツの定岡投手も今監督の原選手も高校野球で活躍する姿をこの目で見ていました。

今日は、夏の高校野球決勝戦再試合・・・ずっと応援していた西東京代表・早稲田実業 対 駒大苫小牧の試合です。昨日の壮絶な延長戦も固唾を呑んで夫と子供達たちと応援していましたが、両校の投手の力投に、もうどちらも優勝にしてあげたらいいのに・・・・と思っていました。

そして今日・・・夫は「会社、休みたいな~」といいながら出社、子供たちも部活動に出かけ、私1人でテレビの前での応援です!!早稲田実業が先取点を取り、安心しつつも、いつ追いつかれるかしら、とはらはらどきどき・・・祈る思いで見ていましたが・・・心配でもうじっと座って見ている事が出来ません。

「 ああ~そうだわ、いただききものの夏みかんの瓶詰め、みんな食べないし、何かに   利用しなければ・・・そういえば、ブログでお付き合いさせていただいているlilyさんが美味    しそうなみかんゼリーのレシピを紹介してくださっていたわ。暑いし、みんな帰ってくるし、作ってみようかな 」

と1人で呟きながら、テレビのあるリビングとキッチンとの間をうろうろとしながら「夏みかんゼリー」を作りました。夏みかんがきれいに剥けていなくてlilyさんのゼリーのような透明感がなくてちょっと上手にできませんでした。でも、強い日差しの1日、さっぱり少し酸っぱいゼリーを美味しくいただきました。
a0072737_22144250.jpg

早稲田実業優勝!嬉しかったですが、本当に最後まで全力で闘った駒大苫小牧にも素晴らしい試合を見せてくれて、ありがとうと伝えたいと思います。

夏の高校野球が終わると、なんだかもう夏も終わってしまうようで、寂しいです・・・
[PR]
by tmsay-612 | 2006-08-21 22:28 | クッキング
銚子~犬吠崎はさすが日本第2位の漁港というだけに、お魚に関するおみやげものが溢れていました。銚子漁港の近くの水産物卸センターに寄って見ると、その日の朝、水揚げされた新鮮なお魚が並んでいました。東京では見られないような目の生き生きとしたいわし・さばなどが、破格の値段でした。市場のおばさんは、
 「氷をたくさん入れてあげるから、クーラーボックスに入れて、買って行きなさ~い!」
といってくれましたが、真夏のこと・・・やっぱり鮮度が落ちることが心配で、買うことを諦めました・・・

a0072737_22165811.jpgそこで、何か美味しいお土産はないかな?とうろうろとしていて・・・やっぱり、銚子ならいわしでしょう、ということで、美味しそうな「いわしの角煮」を見つけました。3粒ずつ袋に入っていて、日持ちもして、
みんなに少しずつおすそ分けもできそうです。銚子では有名なお土産品で、「地場産品食品部門」と「お土産部門」で第1位に選ばれているものだそうです。 たくさん買って帰りました。

この「いわしの角煮」のなんと美味しかったこと!!
白いごはんがもう一杯食べたくなります。角煮は、ぱさぱさとしているものが多いのですが、しっとりと・・・そしてそのたれの味が甘すぎず、辛すぎずとても美味しいのです。みんな満足のお土産でした。まもなく2学期・・・お弁当の一品に活躍しそうです!
a0072737_22305920.jpg

( ご参考までに信田(しだ)缶詰株式会社「いわしの角煮」、3粒1パックのものが25袋入997円です。1パック40円ほどですのでお手頃ですね。)
[PR]
by tmsay-612 | 2006-08-20 22:49 | 美味しいもの

犬吠崎へ

湘南で育った私は、今でも時々無性に海が見たくなります。子供の頃、江ノ電の鵠沼海岸の近くの、ピアノの先生のお宅におけいこに行った帰りに、家とは反対方向に自転車を走らせて海を見に行くのが楽しみでした。海は泳ぐところというより、のんびりぼんやり眺めるところ・・・でした。ザーッと打ち寄せる波の音を聞くとなんだか心が落ち着きます。

本州で一番最初に日の出が見えるところ・・・犬吠崎へ
a0072737_15321685.jpg

a0072737_15361488.jpg

真っ青な夏の空と、湘南とはまた違った外海の豪快な太平洋をたくさん眺めて心の洗濯をしてきました。地図を眺めるのが好きな私は、日本地図の形の先端はどんなところだろう、といろいろな想像を働かせています。犬吠崎の先端に立ってみて、今、あの地図の先っぽにいる、と思うとなんだか不思議な気持ちになりました。       
    a0072737_1663634.jpg
 a0072737_16401959.jpg
a0072737_16451355.jpg







   銚子駅から今話題の銚子電鉄に乗って、単線各駅停車の旅をしました。沿線名物、ぬれせんべい、玄米あげもち、そして・・・観音駅特製の「たい焼き」は格別でした。つぶあんが尻尾の先まで詰まっていて、ひとつ食べただけでお腹がいっぱいになりました。
a0072737_1713343.jpg

房総というと、成田国際空港までは、お馴染みですが、そこから先はなかなか行く機会はありません。熱帯低気圧の影響で晴れたり曇ったりのお天気で、夕日も朝日も雲に隠れて見ることはできませんでしたが、東京から2時間・・・果てしなく広がる太平洋とのどかな田園地帯のなかに立つ風車の回る風景を見て、日常を離れてのんびりできました。
a0072737_1754988.jpg

a0072737_176657.jpg

[PR]
by tmsay-612 | 2006-08-19 17:24 | 家族

観察日記

南の海上でうろうろとしている台風と熱帯低気圧の影響で、東京ではなかなか抜けるような夏の空を見ることはできません。
a0072737_16313337.jpg
我が家の白い朝顔も、二つ目の蕾が膨らんでいますが、毎日雨に濡れて夏の日差しを浴びることできず・・・「今日咲こうかしら、明日にしようかしら・・・」と迷っているようなそんなふうに見えます。

朝顔といえば、「観察日記」を連想します。子供の頃、1学期に学校で育てた朝顔を夏休みに持ち帰り、毎日観察日記を付けるのが宿題でした。お花は「きれい~!」と心をこめて眺めるもの・・と思っていた私は、植物学に則ったきちんとした観察日記は理科の苦手だったせいもあり、憂鬱でしたし、母に「朝顔咲いているわよ~!」と朝早くから起こされるのも本当に嫌でした。

やがて、時は巡り、小学生になった子供たちが私の子供の頃と同じ様に、夏休みに朝顔を持ち帰るようになりました。
長男のころは、私と同じ様な「観察日記」の宿題でした。私は昔の母のように、毎日面倒くさくて観察をサボる息子に声をかけながら、一緒に日記を付けました。
2歳ちがいの長女のころになると、突然小学校1,2年の教科から「理科」がなくなり、「生活科」として朝顔を育てることを学んでいました。植物学としての朝顔ではなく、朝顔を通して、命をあるものを大切にする心を育てる、という趣旨の教育を受けました。育てている朝顔に名前を付けて、毎日お手紙を書く宿題で、娘は、「あさちゃん、あなたはまっかでかわいいですね!」「あさちゃん、ぐんぐんのびておそらにとどいてね」と自由な発想で書いていたのを思い出します。
年の離れた二女の頃になると、「ゆとり教育」に移行していく時でしたので、宿題は全くなく、お花がいくつ咲いたか数えましょう、ということくらいで、持ち帰った朝顔はほとんど私が育てていました。

「源氏物語」の中にすでに登場している「朝顔」は、21世紀の今に至るまで、その時代時代の人々の心に様々な思い出を与えてくれているのかもしれません。いにしえの子供の中にも、私や我が家の子供達のように朝が苦手で、ため息まじりに早起きのお花を眺めていた子供がいたかもしれない・・・と思うとなんだか楽しくなりました。
[PR]
by tmsay-612 | 2006-08-16 18:09 | 花々